Japanese | English | Sitemap
HOME > メディアインフォメーション(過去)
メディアインフォメーション
 2017年以前


2017.12.21 日刊工業新聞 付着異物を90%除去 TRINC Oリング向け装置
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳社長、053・482・3411)は、パイプや部品の密封に使うOリングに付着した異物を除去する装置「Oリングトリンク=写真」を開発、25日に発売する。 静電気を除去しながら、付着異物を約90%除去する。価格は169万円(消費税抜き)。自動車部品や機械業界むけに国内外で年間120台の販売を見込む。 Oリングに異物が付着すると中を通る液体や気体の漏れの原因となる。しかし、材質がゴムで表面にオイルが塗ってあることから異物が付着しやすく、手間がかかっていた。 Oリングトリンクは扇形に設置したパネル状の送風ユニットと吸入ユニット、除塵ユニットなどで構成。 送風・吸入ユニットで清浄空間をつくり、シャフトに通したOリングに除塵ユニットでエアとイオンを吹き付ける。 除塵作業はロボットで自動化。強力なイオンブローにより除塵率90%を達成した。

実際の記事はこちらへ


2017.12.15 中日新聞 Oリング異物 風で除去 トリンク新装置25日発売

静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)は、管状の部品の接続に用いるゴムの輪「O(オー)リング」に付着した異物を自動で除去できる新装置を二十五日に発売する。イオンを含む風を当てることで、ほこりや静電気を取り除ける。 Oリングは、例えば管状の部品同士を接続する場合、差し込む側の溝にはめ込んでおくことで、二つの部品を密着させる役割がある。リングに異物が付着しているとうまく密着せず、液体や気体の漏れを引き起こしやすい弱点がある。いったん付着した異物を手作業で取り除くのは、内径が小さいほど手間もかかる。 装置は、ついたてのように扇状に展開した六十センチ四方のパネル二枚の間に、斜め下から風を吹き付ける機器を設けた構造。横向きのシャフトに大量のリングを通して風を吹き付けるとともに、回転や振動を加えて異物を取り除く。さらに舞い上がった異物がリングに再び付着したり飛散したりしないように、片方のパネルから出た風を、もう一方のパネルが吸込んで異物を回収する。 製品名は「Oリング トリンク」。対応できるリングは内径二 ― 十センチで、二十秒でおよそ二百個が処理できるという。価格は百六十九万円(税抜き)で、販売目標は年間百二十台。
実際の記事はこちらへ


2017.12.13 静岡新聞 Oリング異物 機器で除去 トリンク、25日発売
静電気除去機器メーカー「トリンク」(浜松市西区)はこのほど、部品接合部に使用する円形状のゴム系部品「Oリング」に付着した異物を除去する機器「Oリング トリンク」を発表した。25日に発売する。Oリングは部品を接続する際、組み合わせた部品同士を密着させるため、輪を内側にの部品の溝に付けて使用する。ガス栓とホースをつなぐ際にも使用され、異物が付着していると、完全に密着できず、部品内を流れるガスや液体が漏れる危険性がある。ただ、Oリングは材質がゴム系で、表面にオイルを塗ってあるため、異物が付着しやすいなどの難点があった。 開発した機器は、扇型に接続した60センチ四方パネルの「送風ユニット」と「吸入ユニット」、風を吹き付ける「クリーニングユニット」などで構成する。送風・吸入の両ユニット間で清浄な空気とイオンを循環させて異物と静電気のない清浄空間をつくった上で、シャフトに通したOリングにクリーニングユニットから清浄な空気とイオンをさらに吹き付け、回転と振動を利用して異物を除去する。 内径2~10センチのOリングに対応でき、10秒で約100個の異物除去が可能。従来は手作業で行っていたが、ロボットによる自動作業ができる。 希望小売価格は税抜169万円。年間販売目標120台。
実際の記事はこちらへ


2017.11.08 静岡新聞 製造ラインの静電気を検知 テスター105個管理
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)は、液晶パネルなどの製造現場で不良品の原因となる静電気を検知する静電位テスターを、最大で105個管理できるシステム「多点静電モニタートリンク」を開発し、販売を始めた。 静電位テスターは、製造ラインに組み込む固定型。複数を専用コントローラとパソコンに接続すれば離れた場所でも一括して自動監視が可能になる。 人が感じないほど微弱な100ボルトから測定でき、利用者が設定した値の電圧を検知すると異常を知らせる。 静電気はホコリなどの異物を付着させ、液晶パネル、塗装用の自動車部品、半導体などの不良品や破壊につながる。製造現場では静電気除去装置のイオナイザーを作動させるのが一般的だが、故障した場合も想定した静電気の発生を監視する必要がある。同社によると近年は大型テレビの普及で製造するフラットパネルディスプレイーも大きくなり、一度に数カ所の静電気をチェックする装置が求められているという。 検知する距離が5センチの近距離用テスター1個、コントローラ、パソコン用ソフトセットが17万8千円(税別)。遠距離用(20センチ)テスターのセットは19万2千円(同)。テスターはオプションで個別販売する。
実際の記事はこちらへ


2017.11.07 日経産業新聞 トリンク、静電気の発生監視装置
【浜松】静電気除去装置を製造販売するトリンク(浜松市)は、遠隔地から静電気の発生を自動監視できる「多点静電モニタートリンク」を発売した。半導体や液晶パネルの製造過程での異物混入などの不良品につながる静電気の発生や除電器の効力を、複数個所同時にリアルタイムで測定できる。 測定器ごとに一定の規模の静電気が 検出された場合は異常信号を出すといった機能も設けた。最大105ヵ所の静電気を同時に監視できるため、静電気のテスターを持って測定のために巡回するなどの手間を省ける。 対象物から5センチメートル離して測定できるセンサーが1台が付属したシステム「MPSMT―001」が税別17万8000円で、20センチメートル離して測定きるセンサー1台が付属した「同―002」が同19万2000円。年間に120システムの販売を目指す。 センサーを追加購入すれば複数個所の同時監視に対応できる。
実際の記事はこちらへ


2017.11.02 日本経済新聞 静電気監視、最大105ヵ所トリンクがシステム  異常検知も
静電気除去装置を製造販売するトリンク(浜松市)は6日、遠隔地から静電気の発生を自動監視できる「多点静電モニタートリンク」を発売する。半導体や液晶パネルの製造過程での異物混入などの不良品につながる静電気の発生や除電器の効力を、複数個所同時にリアルタイムで測定できる。 測定器ごとに一定の規模の静電気が検出された場合は異常信号を出すといった機能も設けた。最大105カ所の静電気を同時に監視できるため、静電気のテスターを持って測定のための巡回するなどの手間を省ける。 対象物から5センチメートル離して測定できるセンサー1台が付属したシステム「MPSMT-001」が税別17万8000円で、20センチメートル離して測定できるセンサー1台が付属した「同―002」が同19万8000円。年間に120システムの販売を目指す。センサーを追加購入すれば複数個所の同時監視に対応できる。
実際の記事はこちらへ


2017.11.02 日刊工業新聞 静電気監視システム最大105カ所検出  TRINCが2機種
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、ガラス基板や半導体ウエハーに帯電した静電気を検出し、許容範囲かどうか判定・監視するシステム「多点静電モニタートリンク MPSMT-001=写真」と「同002」の2種類を6日に発売する。価格は001の基本セットが17万8000円(消費税抜き)から。2機種合計の年間販売目標は120セット。 システムは静電気測定部の静電位テスター、パソコンとテスターをつなぐコントローラー、専用ソフトウエアで構成する。コントローラーとテスターを増設することで、1台パソコンで最大105カ所の静電気を同時に検出できる。大型化が進むフラット・パネル・ディスプレー(FPD)や半導体ウエハなどの製造工程にも対応する。 測定対象物までの距離は001が50ミリメートル、002が200ミリメートル。自動監視や遠隔監視も可能。
実際の記事はこちらへ


2017.10.05 日刊工業新聞 防げ 静電気火災発生原理や対策解説
TRINC(浜松市西区、高柳社長、053・482・3411)は工場などの火災の原因となる静電気の知識とその除電方法について全国の消防関係者に伝える活動を始めた。静電気による火災、爆発事故発生の実態や対策方法を解説する講習会を年に4回ほどのペースで実施する方針だ。除電器メーカーの社会貢献として施設の安全性を検査する消防関係者に静電気の知見とリスクを周智する。 富山高岡市の戸出消防署で「静電気防止対策講習会」を実施した。高柳社長が講師となり、消防関係者約40人に静電気が起きる原因からその特性、火災や爆発といったトラブル、加湿などの除電方法を紹介した。 工場などで製品への異物付着を防ぐために使われている除電器自体が原因で火災が起きている実態も明かし、除電器の漏電対策や防爆認定の重要性を強調。防爆認定された自社製品のデモンストレーションも行った。 消防関係者向けの講習会は愛知県安城市の消防署や防災危険物安全協会からの依頼に続き2回目。高柳社長は「これは世直しのつもり。静電気の問題をぜひ消防関係者に説明させて頂きたい」と全国で周知活動を推進する考え。(富山)
実際の記事はこちらへ


2017.09.28 日刊工業新聞 持たざる経営でリスク回避 TRINC社長 高柳真
―国内外の景気状況をどうとらえていますか?
「景気は横ばい。主要産業の自動車や電機関連は堅調に推移している。当社の除電器について言えば8月逝くに、受注が増えてきた。2017年は竜頭蛇尾ならぬ”蛇頭竜尾”で、後半に売り上げが伸びそうだ。液晶や自動車関連、ロボット化など自動化関連の需要が旺盛。地域別では日本と中国が好調だ」

―世界的に自動車の電動化の流れが顕著になっています。ビジネスに影響しそうですか。

「自動車産業は大きな転換期を迎えている。電気自動車(EV)になれば、ガソリンエンジン車と比べ部品点数が大幅に減る。顧客である製造業がシュリンクするのは心配だが、車載用燃料電池やリチュウムイオン電池に使われるフィルムの製造にも除電器は使われている。時代に合った提案をしていく」

―世界的に自動車の電動化の流れが顕著になっています。ビジネスに影響しそうですか。
「自動車産業は大きな転換期を迎えている。電気自動車(EV)になれば、ガソリンエンジン車と比べ部品点数が大幅に減る。顧客である製造業がシュリンクするのは心配だが、車載用燃料電池やリチュウムイオン電池に使われるフィルムの製造にも除電器は使われている。時代に合った提案をしていく」

―時代の変化や景気の波にどう対応すればいいでしょうか。
「当社は工場を持たないファブレス企業で、必要以上の土地や従業員を持たない。この”持たなざる経営”でリスクを回避し、景気変動の波を乗り越えてきた。モノづくりの蓄積が重要な製品もあるが、当社の除電器は顧客の困り後とを解決するアイディアが生命。基本原理とニーズにこたえる企画力、設計が肝となる」

―政府の経済政策への要望は。
「補助金にあまり期待しておらず、政府も有効活用できていない印象。ベンチャー支援は広く浅くではなく有望な案件、経営者に集中投資すべきだ。ただ、私は技術者で以前は広報活動に疎かった。経産省の人たちから広報戦略のアドバイスをもらったことは、事業拡大の追い風になった」

―中小企業へのメッセージを。
「技術が命。特許は中小企業の技術を守ってくれる。日本人のスケールがちいさくなっているのではないか。もっと野心を持って冒険する人が増えれば日本のモノづくりはもっと元気になる」(浜松編集委員・田中弥生)
実際の記事はこちらへ


2017.09.09 中日新聞 大型部品のほこり除去する装置開発
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)が、自動車のヘッドランプや二輪車やマフラーなどの大型部品に付いたほこりを取る装置「ブローゾーントリンク」を発売した。 びょうぶのように開いた装置の間にヘッドランプなどの部品を置き、装置の片側から風を吹き付けてほこりを飛ばし、もう一方の面で吸込んで回収する。風とともに静電気を中和するイオンを放出し、部品の静電気を取り除いてほこりなどの異物が付きにくいようにする。 自動車部品工場などで生産した製品を包装する前に使うことで、きれいな状態で出荷するのに役立つ。希望小売価格は二百五十五万円(税別)で、年間三十台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2017.08.22 日刊工業新聞 静電気を除去 ホコリも回収 TRINCが除電装置
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、エアブローで払ったホコリを回収し、清浄な環境で作業できる除電装置「ブローゾーン トリンク=写真」を28日に発売する。価格は255万円(消費税抜き)。自動車や機械関連など比較的大きな部品を扱う製造業向けに、年間30台の販売を見込む。送風ユニットと吸入ユニットを扇形に配置した。送風ユニットの除電器でホコリと静電気を同時に除去しながら、エアブローで吹き飛ばしたホコリを吸入ユニットで回収する。 従来はエアブローをしても作業者や外部のホコリが装置内に入り、再付着するのが課題だった。同装置は作業者の周囲に空気の流れで壁を作り、外部のホコリが入り込みにくい。 同社の既存製品の簡易型エアシャワー「ルームレスエアシャワー」との併用による本格的なエアシャワーとしても提案していく。
実際の記事はこちらへ


2017.08.17 日本経済新聞 飛ばしたホコリ吸い取って回収トリンク、製造業向け
静電気除去装置メーカーのTRINC(トリンク、浜松市)は製品や部品などについたホコリを空気で払うエアブローの新製品「TAS-628 BZT」(税別255万円)を28日発売する。空気で飛ばしたホコリを吸い取り、再び付着しないようにする。主に製造業の工場向けに、年間30台の販売を目指す。 一般的なエアブローでは空気でホコリを飛ばしても、舞い上がったホコリがまた吸着してしまうことがあった。新製品は飛ばしたホコリを吸い取って回収するほか、イオンを放出して静電気取り除く装置も付け、効率よくホコリや異物を除去できるという。 半導体や医療機器などの精密機器の製造現場では、不良品につながるホコリや異物混入への対応が必要になっている。
実際の記事はこちらへ


2017.08.15 中日新聞 流線形断面で効率除電 トリンクが棒状装置の新型
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)が、工場内の静電気を除去する棒状の装置バートリンクの新型「流線形バートリンク」を発売した。装置の断面を流線形にして除電性能を高めた。 カメラなどの光学機器や半導体、医療品などの製造現場では、製品のほこりが付いて不良品が出るのを防ぐため、静電気を取り除く対策が求められる。 バートリンクは作業部屋の天井に取り付け、静電気を中和するイオンを空間に放出する。断面が角形だった従来品に比べ、ラグビーボールのような流線形にたことで周囲の空気抵抗を抑えられるようになり、効率よく室内の静電気を除去できるようにした。 長さは二十五~九十五センチの四種類。価格は十万四千円(税別)から。年間六百台の販売を目指す。 高柳真社長は「バーは細身に設計しているため、狭い場所にも設置できる。複数を並べて使えば、より広範囲で除電する事ができる」と話している。
実際の記事はこちらへ


2017.08.09 日刊工業新聞 イオン放出方向制御の除電器 流線形でカルマン渦防ぐ
TRINC(浜松市西区、高柳真、053・482・3411)は、イオンの放出方向を制御できる除電器の新製品「流線形バートリンク」を10日に発売する。 除電バーの断面形状を流線形にしたことで、異物不良の原因となる下流の渦(カルマン渦)を防ぐ。価格は10万4000円(消費税抜き)から15万円(同)。年間600台の販売を見込む。 従来は角形や楕円(だえん)形が多いイオンバーの断面形状を流線形とした。これにより、ホコリを巻き込むカルマン渦の発生を防ぐ。複数の除電器を並べて風向きを収束したり、分散させたりするなど、用途による使い分けが可能。イオンの濃度や領域、方向も自由に制御できる。エアコンのルーバーの羽根板などに組み込んでイオンを放出する使い方も提案する。
実際の記事はこちらへ


2017.08.08 静岡新聞 断面が流線形の除電バーを開発 トリンク、10日発売
静電気除去器メーカー「トリンク」(浜松市西区、高柳真社長)はこのほど、ほこりなどの異物を完全に隔離した「クリーン環境」を作り出して生産現場などで異物不良を防ぐ除電バー「流線形バートリンク」を開発した。10日に発売する。異物の原因となっていた空気中の渦の発生を抑えるため、バーの断面を流線形にしたほか、静電気除去のためのイオンを無風で放出する同社独自技術の「無風除電」の機能を取り入れた。 従来の除電バーは断面積が角形や楕円(だえん)だったり、イオンをエアで噴射したりしていたため、空気中に異物を滞留させる渦が発生し、完全なクリーンな環境をつくりだせていなかった。同社の新商品は「渦が一切、起きないため、クリーン環境を維持できる」(高柳社長)という。また、イオン放射を自由に制御できるため、高濃度イオンをつくったり、広域に拡散させてり、対象物を狙い撃ちしたりすることができる。ルーバーの羽根としても活用できる。 長さは30~100センチの4種類。価格は10万4千円~15万円。販売目標は年間600台。 実際の記事はこちらへ


2017.07.31 日刊工業新聞 『日刊工業新聞 TRINC METHOD(全集)』 製造現場の異物対策伝えたい
実際の記事はこちらへ ―約2年半にわたる執筆で「TRINC METHOD(全集)」を発刊しました。全4巻を書き終えた感想を。
 「達成感と一抹の寂しさがある。そして正しい異物対策を伝えたいという使命感は一層強まった。1999年に偶然にも静電気・異物対策に携わることになった。当時、めにしたモノづくりの現場は品質不良や歩留まりの悪さに悪戦苦戦し、混乱を極めていた。私は一技術者として常識にとらわれず、減点発送でゼロから考え、新しい考え方や技術を提案してきた。著者は静電気と向き合った15年以上の経験と知見の集大成だ」
―最終巻は「実践効果実績集」として実際の成果や顧客の声を紹介しています。
 「当社の手法が実際にモノづくりの現場で効果を発揮していることの証だ。大手企業に認められた喜びや顧客に喜ばれた時の感謝がよみがえり編集中に思わず目頭が熱くなった」
―書籍の活用法は。
 「当初は販売ツールにしたいとも考えたが、執筆しているうちに考え方が変わった。今は技術や製品を大切に育てたい気持ちが強い。だから書籍も申込制にした。製品不良や異物問題で悩み、真剣に対策を考えてる人や企業に活用してもらいたい」
 ―全4巻の構成をどう考えましたか。
 「起承転結だ。第1巻は『新らしい概念』。ベンチャーとして企業した当初はなかなか新しい概念、技術を理解してもらえなかった。執筆中に当時の”こんちくしょう精神”がよみがえった。表紙の青色はきれいな空気、クリーンな空をイメージした。第2巻『新しい手法』は執筆に最も苦労し、第3巻『従来の間違い常識集』と発刊の順序が入れ替わった。最終巻は実例集にすると決めていた」
―第2巻に苦労した理由は。
 「業界別に静電気対策や異物に効果的な除電器を提案する実用的な書にしたかった。単なる自社製品の宣伝や製品紹介、技術解説の羅列にならないように心がけた。写真や絵図をふんだんに使い、製品の誕生のエピソードなどを盛り込んで読み物風に仕上げている。第2巻の表紙はみずみずしい新緑、第3巻は落葉をイメージした。第4巻は表彰状などによく使われるえんじ色で、感謝の意を表した。」
―書籍はベンチャーとして成功した自身の足跡でもあります。
 「無手勝流がはびこっていた製造現場の異物対策をなんとかしたい一心で発起した。最初は製品を背負って顧客を訪問し、次にセミナーで正しい異物対策について説いてまわった。その中で、新しい異物対策をまとめたガイドラインがほしいという顧客の声に背を押され全集を執筆した」
―今後、高柳社長の技能や経営哲学をどう伝えていきますか。
 「困りごとを解決する技術があれば、世の中のかいsyはを生かしてくれると自身がついた。当社の手法を業界のデファクトスタンダードにするのが夢。国内ではだいぶ浸透した手応えがあるが、海外はまだまだ。近く全集の英語版も発刊したい。今後、数年をかけ私が積み上げたものを後継者に引き継いでいく。浜松市内に建設予定の新研究所は、静電気の原理や技術を伝える基地としていきたい」


2017.07.20 静岡新聞 異物を吹き飛ばす 除電ガン開発
 静電気除去機器メーカー「トリンク」(浜松市西区、高柳真社長)は静電気を除去しながら「完全にクリーンなエア」(同社)で異物を吹き飛ばす除電ガン「クリーンエアガントリンク」を開発した。 生産工場などで部品や製品に付着した異物を除去する際、エアを噴射するエアガンや、イオンを発生させて静電気を除去する機能も備えた除電ガンを活用している。エアはフィルターでろ過してクリーン度を上げているが、従来型はガン内部から出た異物などを取り除くことができず、イオンも一緒に除去してしまっていた。  今回開発したガンは、エアを噴射する最終段階でフィルターによるろ過を行い、無風でイオンが出てくる設計にしたため、静電気除去機能も有したまま、ガン内部の異物を全て除去し、「完全なクリーンなエア」を噴射できる。フィルターには中空糸膜を使用した。24日に発売する。 希望小売価格は18万6千円(税抜き)。販売目標は年間240台。
実際の記事はこちらへ


2017.07.19 中日新聞 片手で簡単除電 トリンクが新型 24日に発売
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)は、片手で操作できる携帯型装置の新型「クリーンエア ガントリンク」を二十四日に発売する。対象物にかざして静電気とホコリを取り除くことができる。 クリップを握ると、静電気を中和するイオンを無風で放出して対象物の静電気を取り除くと同時に、空気を吹き付けて対象物に付いたホコリを飛ばす。 従来は使用を続けるうちに装置内にたまった糸くずを吹き付けてしまう事があったが、放出口に異物をろ過するフィルターを取り付けた。 細かなホコリを除去する必要があるレンズなどの光学機器や半導体、化学メーカーなどへの販売を想定。 価格は十八万六千円(税別)で年間二百四十台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2017.07.04 中部経済新聞 静電気除去装置の先駆者 高柳トリンク社長が講演 東三河広域経済 連合会が経営塾
豊川】東三河広域経済連合会は4日、豊川市豊川町辺通の豊川商工会議所で、東三河産業アカデミーの人材育成セミナー「東三河経営塾」を開催した。講師に静電気・ほこり対策機器を開発・製造するTRINC(トリンク、本社浜松市西区)の高柳真社長を招き、営業戦略や経営哲学などを語った。  高柳社長は、大手メーカーや中堅メーカーを経て独立。当初は製品開発を受託していたが、除電器と出会い、経営の方向性を転換させた。  イオンの相互作用を利用して静電気とほこりを除去する装置を開発し、製造業の不良品の減少に貢献することで、開発メーカーとしての地位を築いた。静電気・ほこり対策のコンサルティングや啓発活動にも取り組んでいる。  高柳社長は「静電気とほこり対策を事業化した当初は、誰もイオンのことが分からなかぅた。世の中の常識には間違いが多く、そこにビジネスチャンスがある」と訴えた。
実際の記事はこちらへ


2017.06.15 日刊工業新聞 安全性高めた除電器 TRINC 印刷・塗装工場向け
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は印刷工場や塗装工場の火災を防ぐ除電器「防爆認定バートリンク」と、広い空間に対応する「防爆認定空間トリンク=写真」を発売した。消費税抜きの価格はバートリンクが85万円から、空間トリンクが275万8000円から。年間1200台の販売を見込む。 除電器は印刷工場や塗装工場で火災の原因となる静電気やホコリを除去する。しかし除電器自体に飛散した塗料や粉体が入り込んで火災が起こるケースもあるという。 新製品は静電気を中和するイオンの放出口について、従来の直径1.5ミリメートルから同0.09ミリメートルに小さくした。除電器内部に塗料などが入り込みにくくなった。 さらにメンテナンスの時期を知らせる機能や、異常が検知された場合に警告する機能を備えるなど、安全性を高めた。両製品は産業安全技術協会(埼玉県狭山市)が定める規格の認定を受けた。
実際の記事はこちらへ


2017.05.24 日本経済新聞 安全性高め火災防止 トリンクの静電気除去装置
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市)は、塗装工場や印刷工場などでの火災を防ぐ「防爆認定空間トリンク」=写真=を6月1日に発売する。従来製品よりもイオンを放出する穴を小さくして安全性を高めた。 自動車の塗装工場や印刷工場などでは溶剤蒸気や粉体が充満し、静電気による火花が爆発事故や火災事故につながる恐れがある。トリンクはこれらの現場向けに、空間にイオンを放出して静電気を中和する静電気除去装置を提案している。 新モデルではイオンを放出する穴を従来の1.5ミリメートルから0.9ミリメートルにより小さくして、穴から溶剤蒸気などが入り込む危険を減らした。放電や電流に異常があった際に自動で除電装置を止める機能も備えた。  印刷機などに設置するタイプは税別85万円から、部屋に設置して空間ごと除電するタイプは同275万8000円から販売する。年間1200台の販売を見込む。
実際の記事はこちらへ


2017.05.24 中日新聞 除電装置に爆発防止策 トリンクが2種 来月発売
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)は、引火の恐れのある溶剤蒸気や粉末が充満する工場内でも使える「防爆認定」の二種類の装置を六月一日に発売する。  自動車の塗装工場や可燃性のインキを使う印刷工場では、静電気による火花での爆発や火災を防ぐ対策が求められる。トリンクは静電気を中和するイオンを放出する棒状の装置を手掛け、一本の棒状の「バー トリンク」、バートリンクを組み合わせた「空間トリンク」の二種類がある。  爆発対策としてイオンを放出する穴の一個当たりの大きさを従来の直径一.五ミリから細かな0.九ミリに改良し、装置の内側に溶剤が入りこまない構造にして安全性を高めた。いずれも、安全性を審査する公益社団法人・産業安全技術協会(埼玉県)の認定を取得している。税別価格は空間が二百七十五万八千円から、バーが八十五万円から。年間で合計千二百台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2017.05.24 静岡新聞 爆発や火災を防止 トリンク、除電器発売へ
静電気除電器メーカー「トリンク」(浜松市西区、高柳真社長)は6月1日、最新の防爆認定規格に適合した棒状の除電器「バー トリンク」とバー トリンク4本を組み合せた「空間トリンク」を発売する。イオンを発生させて静電気を除去する従来の性能を維持しながら、爆発や火災に対する安全をさらに高めた。  印刷や塗装などの加工工場では、溶剤蒸気や飛散した粉体が充満したり、除電器内に入り込んだりし、静電気による火花などで爆発や火災を引き起こす危険性がある。新製品は安全のためにイオン放電口を直径1.5ミリから0.9ミリへと小さくしたほか、放電口から空気を噴射してほこりなどの異物を除去するとともに、溶剤や粉体が内部に入りこまないようにした。  両機器とも長さ50センチ、100センチ、1500センチの3種類。バートリンクは印刷機などに組み込み、空間トリンクは専用スタンドに立てるなどして八畳間程度の空間で使用する。価格はバートリンクが税抜85万円から、空間トリンクが同275万8千円から。販売目標は年間計1200台。
実際の記事はこちらへ


2017.03.02 週刊文春 財界人連続直撃 週刊文春 3月9日号 トランプにNOと言えるか?
...<略> 自動車やパソコンなどの静電気やホコリ対策の電子機器を扱う世界的なブランド、TRINC(静岡県)の高柳眞社長も、「そう簡単に米国にバラ色の時代はこない」と指摘する。「関税が10%上がっただけで、メキシコは、アメリカにとっての”近くて安くて便利な物資補給基地”としての機能を縮小させます。それに替わる中国に対しても、為替操作国と批判しているわけですから、もう米国で作るしかない。 すると製造コストは上昇するから人件費は下げざるを得ない。米国民の生活は楽にならないでしょう。弊社としては、今後の新規市場開拓は米国内の製造業に移すべきだと考えています。」<以下略>
実際の記事はこちらへ


2017.03.17 中日新聞 静電気対策の実績紹介 「トリンク・メソッド」4冊目
静電気除電装置メーカーのトリンク(浜松市西区)が工場での静電気対策をまとめた書籍「トリンク・メソッド」シリーズの新刊「実践効果実績集」を発刊した。装置を購入した各企業の事例を紹介している。 ほこりなどの異物は静電気の作用によって物に吸着し、工場では製品の不良の原因になる。トリンクは、静電気を中和するイオンを風を起こさずに放出する「空間トリンク」などの装置を販売している。  新刊では「バンバーの製造ラインで異物による不良が85%減った」(自動車関連)「導入したところ社内の各事業所から見学者が多く訪れた」(電子部品)など、顧客メーカーの五百六十件の導入事例や感想を紹介した。著者の高柳真社長(七三)は「不良が減った、助かったという顧客の声が仕事のエネルギーになってきた」と語る。  A5判で三百八十九ページ。これまでのシリーズの三冊と合わせた四部作を全集としてまとめ、静電気対策に関心のある企業を対象に四万円(税抜)で販売する。書店では扱わずトリンクのホームページで受け付ける。
実際の記事はこちらへ


2017.03.07 日刊工業新聞 異物・静電気対策テーマ TRINCが全集 顧客の改善成果まとめる
TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・4311)は製造現場の異物・静電気対策に関する書籍「TRINC METHOD(トリンクメソッド)全集」を発刊した。同社は除電器開発のベンチャー。高柳社長の理論や経験をベースに「品質不良に悩み、歩留りに悪戦苦闘する人たちの福音となれば」と執筆した。 「除電器に対する認識が変わった」。最終巻は同社が提案する手段で効果が出た顧客の声を「実践効果実績集」としてまとめた。「これまで静電気対策の指標がなく困っていた。異物対策を原理から解き明かすトリンクメソッドは新しい指針となる」と意見など約560例を紹介する。 既刊の「新しい概念」「新しい手段」「従来の間違い常識集」と合わせ4冊で4万円(消費税抜き)。法人を対象に年間120冊の販売を見込む。(浜松)
実際の記事はこちらへ


2017.02.25 静岡新聞 静岡新聞 静電気や異物除去の技術紹介 トリンクが書籍
静電気や異物の除去装置の製造販売を手掛けるトリンク(浜松市西区)は、同社の独自技術や製品の実践効果などを紹介する書籍「トリンクメソッド」を出版した。3月1日、法人向けに発売する。 同社が考案した静電気や異物除去の概念、手法などを4冊にまとめた。加湿によるこれまでの静電気対策は金属や集積回路(IC)のさびにつながる可能性があるとして、同社はイオンによる除電装置を開発した。ほこりなどの異物除去も外気を吹き付ける従来の手法ではなく、両側に設置したフィルターを通して風を循環させることで異物を効果的に排除し、コストを抑えながら局所的にクリーンルームを作り出す技術を提案している。 静電気や異物は精密機器などの製造で不良品につながることもあり、同社は18年前から除電装置などの開発を続けてきた。高柳社長は「書籍はこれまでの集大成。製造現場で役立ててほしい」と語る。価格は4冊セット4万円(税抜き)。同社は年間1200セットの販売を目指す。問い合わせは同社<電053(484)4033>へ。
実際の記事はこちらへ


2017.02.25 中部経済新聞 フィルム・シート静電気除去装置 奥行大幅縮小の超薄型発売 既存設備に後付可能 年間120台拡販へ
静電金・ホコリ対策機器を開発・製造するTRINC(トリンク、本社浜松市西区大久保町、高柳真社長、電話053・432・3411)はこのほど工場で生産されるフィルム・シートの静電気を除去する装置の新型「フィルムクリーナ トリンク(薄型)」を発売した。従来品よりも薄型化し、フィルム・シートの生産設備に後付することを可能にした。年間120台の販売を目指す。(浜松)
  従来よりも奥行を6分の1に縮小し、薄型化した。従来の箱型から、奥行きが4センチの平面に近い形状にしたことで、生産現場の狭いスペースを使って、フィルム・シートの生産設備に後付することを可能にした。生産設備に部品として組み込むこともできるという。 同装置は、イオナイザー(静電気除去器)の隙間にフィルム・シートを通す仕組み。イオナイザーが放射したイオンが静電気を中和して、静電気とシートに付着したほこりなどの異物を取り除く。 10センチ、20センチ、40センチ、80センチと処理できるフィルム・シートの幅によって、4種類を用意した。メーカー希望小売価格は、266万8千円~329万1千円(税抜き)。
実際の記事はこちらへ


2017.02.01 日経産業新聞 フィルム向け静電気除去装置
 静電気除去装置のTRINC(トリンク、浜松市、高柳真社長)はフィルム素材のちりやほこりを除去する静電気除去装置「フィルムクリーナートリンク(薄型)」を1日発売する。装置の幅が4センチメートルと薄く、既存の設備に後付けして使える。消費電力も業界標準に比べて3割程度に抑えたという。 フィルム素材の両面からイオンを吹き付けて静電気を除去し空気の力でフィルムに付いていたほこりなどの異物を取り除く。価格は税別266万8000~329万1000円。国内を中心に年間120台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2017.01.28 静岡新聞 薄型フィルムクリーナートリンク 来月発売
除電器機メーカーの「トリンク」(浜松市西区)は2月1日、「フイルムクリーナー・トリンク(薄型)」=写真=を発売する。フィルム・シート材料を扱う工場向けの製品で、異物除去性能を高めるとともに、従来製品に比べて装置の暑さを6分の1にするなど小型化を実現した。 イオンを発生させてフィルムの静電気を除去しながら、静電気の中和により、フィルム両面のほこりなどの異物付着防止を図った。異物除去性能を示す除塵率(じょじんりつ)は「一般的な従来製品の10~50%に対し、90%強を確保したいという。 既存の工場設備を改造せずに、後付けでできる点も特徴。装置の厚さを従来機の24センチから4センチに薄型化し、フィルム加工機周辺などのわずかなスペースへの設置が可能になった。 処理できるフィルムの幅(10~80センチ)により、4機種を用意した。価格は10センチ幅対応の「TAS-710」が税別266万8千円など。年間販売目標は国内中心に120台。
実際の記事はこちらへ


2017.01.21 日本経済新聞 設備に後付け 異物除去トリンク フィルム向け、小型に
静電気除去装置のTRINC(トリンク、浜松市)は、2月1日、製造ラインの設備に後付してフィルム素材のちりやほこりを除去する「フィルムクリーナー トリンク(薄型)」を販売する。 フィルム素材は有機ELパネルや液晶、リチュウムイオン電池といった成長分野で多様されるが、静電気を帯びてほこりなどの異物が付着しやすく、異物は品質に悪影響を与える。 不良品の発生を抑えるため、従来は静電気除去用に数千万円の専用大型機を導入する必要があった。 トリンクの新製品は価格を266万円8000円~329万1000円(税別)に抑えた。装置の幅が4センチメートルで「既存の設備に後付する形で場所を取らずに使える」「高柳真社長」のが特徴だ。 フィルム素材の両面からイオンを吹き付けて静電気を除去し、空気の力でフィルムの付いていたほこりなどの異物を取り除く。「業界標準に比べて消費電力が3割程度で済む」(高柳社長)という。国内を中心に、年間で120台の販売を目標に掲げる。
実際の記事はこちらへ


2017.01.18 日刊工業新聞 フィルムの異物除去 TRINC クリーナー投入
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、フィルム材料の静電気やホコリを除去する装置「フィルムクリーナトリンク7=写真」を2月1日に発売する。小型で、加工機のわずかな隙間に組み込める。価格は対応するフィルム幅により異なり、266万8000円(消費税抜き)から329万100円(同)。年間120台の販売を見込む。 フィルムを上下から挟み、イオンで静電気を除去しながら、ホコリを風で吹き飛ばして吸引する。フィルム材料に付着した10マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の異物を91.9%、30マイクロメートルの異物なら99.95%除去できる。 液晶などに使われるフィルムは静電気を帯びやすく、異物が付着しやすい。従来のクリーナーは大がかりな装置が多かったという。今回の装置は幅40ミリメートルと狭く、加工機への後付も可能。
実際の記事はこちらへ


2017.01.17 日刊工業新聞 除電器の効果 測定確認 TRINC 国内外に体験施設
浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、製造現場の静電気やホコリを除去する除電器の効果を体験できるデモセンターを国内外に開設する。2016年は本社近くに「浜名湖デモセンター」を開設したほか、国内2カ所と中国に設置した。17年は主力ユーザーの自動車や電機・電子関係メーカが集積するタイなど東南アジア地域へ拡大する計画だ。 デモセンターは除電器などの主力製品を展示する。このうち一部の製品で静電気やホコリを除去する様子を測定器で確認したり、従来方式と比較したりできる。「品質問題に悩む工場のパイロットとなるデモセンターを目指す」(高柳社長)という。16年6月に開設した浜名湖デモセンターがユーザーから好評をなため、国内外への設置を決めた。 16年は東京都千代田区と大阪市北区に続き、海外初のデモセンターを中国の上海市と深せん市に設立した。さらに17年2月にタイ・バンコクで儲けるほか、シンガポールやインドネシア、マレーシアでの開設も検討する。
実際の記事はこちらへ


2017.01.07 日刊工業新聞 除電器の効果確認 TRINCが新測定器
TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、工場などで静電気を除去する除電器の効果を確認する測定器「除電効果チェッカー」を9日に発売する。従来は除電器が放出したイオンが測定器にも降りかかるため正確に測定できなった。価格は15万円(消費税抜き)。年間120台の販売を見込む。  測定器表面の帯電板を摩擦などにより帯電させ作動中の除電器に向けると、除電状況が数値で確認できる。新製品は帯電板の奥にセンサーがあるため、除電器からでるイオンの影響を受けず、正しく測定できる。測定器の導入により、除電器の効果が数値的に確認でき、メンテナンス時期の予測にも活用できる。(浜松)
実際の記事はこちらへ


2017.01.07 静岡新聞 静電気の除去効果測定 トリンク 「チェッカー」開発
除電機器メーカーの「トリンク」(浜松市西区)はこのほど、イオンを発生させて静電気を除去する「イオナイザー」の効果を測定するための「除電効果チェッカー」を開発した。繊維や半導体、自動車部品関連の工場などでの利用を想定し、9日に発売する。 暑さ0.5ミリの円形のプラスチック製帯電板と、センサーを組み合わせた。摩擦によって表面に静電気を生じさせた帯電板に向けてイオナイザーでイオンを放出すると、帯電板表面の減少状況を数値で表示。現象具合の確認により、イオナイザーのメンテナンス(清掃)時期を把握することができる。 イオナイザーが放出するイオン自体が静電気を持っているため、これまではイオナイザーの効果の正確な測定が困難だった。同社は「おそらく世界初の測定器」とし、特許を申請している。 価格は税別15万円。初年度は国内外で120台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2016.12.21 中日新聞 静電気除去の効果 数値に 浜松・トリンク 測定器を来月発売
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)が、工場などで使われる静電気除去装置(イオナイザー)の性能をチェックするための測定器「除電効果チェッカー」を開発し、来年の一月九日に発売する。 半導体や精密機器などの工場では製品にホコリがつかないように静電気を取り除く必要があり、イオンを放って静電気を中和するイオナイザーが使われている。チェッカーは、イオナイザーが正しく動いているか調べる測定器。 表面の丸い帯電版をテッシュなどで磨いて静電気を起こし、作動中のイオナイザーの方向にかざすことで、静電気が実際に除去されていることを数値で確認できる。 従来の測定器はイオナイザーが放つイオンの電荷にも反応してしまい、作動状況を正しく調べる事ができなかったという。チェッカーは帯電版の奥の面にセンサーを設けることで、イオンの影響を受けずに測定する事ができるようになった。希望小売価格は十五万円(税別)で、年間百二十台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2016.12.01 日刊工業新聞 静電気、0.2秒で90%超除去 トリンクがプリンター用
TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、インクジェットプリンター向けの除電器「プリンタートリンク」=写真」を12月15日に発売する。 印刷品質の劣化につながる静電気を0.2秒で90%以上除去できる。価格は3万6000―5万5000円(消費税抜き)。プリンターの標準装備品として年間1200台の販売を目指す。 用紙などに静電気があると、微小なインクの滴の軌道が狂い、印刷品質が低下する。新製品は小型・薄型で、プリンター内への取り付けが可能。イオン濃度が高いため、高速で走行する用紙も除去できる。無風で静電気を中和するため、風でインクの滴の軌道変わることもない。 イオンヘッドや本体設計の見直しにより小型・低コスト化を実現した。プリンターメーカーなどへ売り込む。(浜松)
実際の記事はこちらへ


2016.12.01 静岡新聞 導体付着の異物除去 トリンクが新製品
静電気除去機器メーカー「トリンク」(浜松市西区)は1日、電子機器のプリント基板に使われる金属箔(はく)などの導体から、ほこりなどの異物を取り除く「金属箔クリーナトリンク」の販売を開始する。 同社によると、異物の持つ電荷によって「静電誘導現象」が起こり、静電気を発生しない導体にもほこりなどが付着するという。製品不良の原因にもなる異物は風で吹き飛ばす除去方法が一般的だが、同現象で発生する異物の吸着力が強いため根本的な解決さくにはなっていない。 金属箔クリーナは導体の表裏両面から風を当て、「両脇へ異物を押し出して吸い取るイメージ」(高柳真社長)。除じん率は99%以上で、表面に多少の凹凸があってもクリーニングが可能という。小型装置のため、既存設備に組み込むこともできる。本体価格は、クリーニングできる導体の幅に応じて254万~695万円。国内外で年間120台の販売をも目指す。
実際の記事はこちらへ


2016.11.26 日本経済新聞 プリンターの静電気除去 トリンクが装置 印刷品質を向上
静電気除去装置のTRINC(トリンク、浜松市)は12月15日、インクジェットプリンターの印刷品質を向上させる静電気除去装置を発売する。「プリンタートリンクTAS-350 PRINTER」で、価格は税別3万6000円~5万5000円。 用紙が取り付けた装置部分を通過する際、用紙が帯びた静電気をイオンで中和させて取り除く。 インクジェットプリンターでは用紙の静電気が細かいインクが落ちる際の軌道を狂わせ、印刷品費を落としてしまう課題があった。 一般向けの高価格タイプリンターや業務用プリンターを主なターゲットとして、年間で1200台の販売を見込む。
実際の記事はこちらへ


2016.11.29 日刊工業新聞 金属箔の異物99%除去 TRINC プリント基板向け
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、プリント基板用銅箔など金属箔についたホコリを除去する装置「金属箔クリーナトリンク=写真」を12月1日に発売する。除塵率は99%以上という。価格は254万 ― 695万円(消費税抜き)。年間120台の販売を見込む。 金属箔や金属箔を使うプリント基板などの製造工程では従来、付着したホコリをエアブローで吹き飛ばす方法が主流。しかし、異物が移動するだけの場合もあり、除塵率は低かった。新製品は、金属箔を上下から挟み込み、ホコリを空気で左右に飛ばして両脇から吸引する仕組み。表裏両面を同時にクリーニングできる。 金属箔はエレクトロニクスのほか自動車、電池、缶詰の缶など幅広い分野で使われている。装置は小型・軽量であることから、既存設備への組み込みも提案していく。
実際の記事はこちらへ


2016.11.23 中日新聞 静電気対策の新刊 浜松のトリンク シリーズ3作目
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)が、工場での静電気対策などをまとめた「トリンクメソッド」シリーズの新刊「新しい手段」を発刊した。電子基板や液晶パネルなどを製造する現場で役に立つ自社のさまざまな装置を紹介している。 ホコリなどの異物は静電気の作用によって物に吸着し工場では製品の不良を生む原因となる。新刊では静電気を取り除く各装置の特徴や開発した背景を説明し、それぞれの使い方を示した。電子基板や食品などの製造現場では、風をおこさずに静電気を中和するイオンを放出する。「空間トリンク」、液晶パネルへホコリ付着を防ぐには棒状の「バートリンク」を用いるなどと紹介している。  シリーズは四部作を予定し、今回は「新しい概念」「従来の間違い常識集」に続く三作目。三百二十五ページ。非売品で、静電気や異物対策を検討する企業を対象に提供する。希望する場合は、トリンクのホームページから申し込める。
実際の記事はこちらへ


2016.11.18 日刊工業新聞 「製造現場の異物問題解決ポイント」製品誕生秘話を読み物風に TRINC 高柳社長が新著
TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053-482-3411)は、製造現場の異物問題を解決する手段を解説する著書「TRINC METHOD(トリンク メソッド)VOL.II 新しい手段」を発刊した。業界別に静電気や異物に効果的な製品や対策のポイントを提案する実用的な書となっている。 高柳社長(写真)は「単なる技術解説の羅列や製品紹介にしたくなかった」と写真や絵図をふんだんに使い、製品の誕生秘話など読み物風に仕上げた。最終章では分野別に有効な装置をマトリックス表にまとめた。 除電器専門のベンチャー企業として成功した高柳社長が、自身の経験をベースに執筆した4部作の第2巻。 希望者に無料で謹呈するが、申し込みが必要。(浜松)
実際の記事はこちらへ


2016.10.25 日本産機新聞 「工場全体の静電気除去」ホコリ付着防止も TRINC 環境トリンク
TRINC(トリンク、浜松市、053・482・3412)は、工場や事務所、ホテルや病院、デパートのような商業施設などの空間全体の静電気を除去できる「環境トリンク」を開発、8月から販売を開始した。 天井に「環境トリンク」を設置し、広い空間にプラスとマイナスイオンを無風で飛翔させることで物体の静電気はもとより、浮遊するホコリの静電気も中和し、静電気による静電破壊の事故を防止するとともにホコリの付着も防ぐ。従来一般的だった加湿が不要で、乾燥環境でも大きな効果を発揮する。空間全体を除電し、人体の静電気も除くので、クリーンルームで着用する無塵衣やマスク、電子機器工場などで使用していたリストストラップも不要。 2本一組を最小構成として、複数組み合わせることで空間の広さに合わせて自由に対応できる。価格は一組67万1千円。
実際の記事はこちらへ


2016.10.04 日刊工業新聞 イオナイザーシステム一元管理 TRINC 故障も即時に検知 
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482.3411)は、同社の静電気除去装置用に、複数のイオナイザーを工場などで一元管理するモニタリングシステム「アイオットタイムス」を17日に発売する。ソフトウェアとネットワークアダプタ(写真)のシステム価格は5万4000円~10万5500円(消費税抜き)。年間600台の販売を見込む。  アダプターを取り付けた全てのイオナイザーmの運転状態をパソコン上で確認できる。これによりスイッチの入れ忘れや切り忘れを防ぎ、故障も即時に検知できる。  パソコン上での運転・停止操作やグループ単位でのリモート操作も可能。自動車や精密部品など製造現場では静電気やホコリを防ぐため、イオナイザーを複数取付けるケースが増えている。IoT(モノのインターネット)化も視野に入れ、イオナイザーを一括管理するニーズの高まりに対応した。
実際の記事はこちらへ


2016.09.28 静岡新聞静 電気除去機器の管理システム発売   来月、トリンク
静電気除去装置メーカ「トリンク」(浜松市西区)は10月17日、自社製品「イオナイザー」のモニタリングシステム「IoTT-TIMS(アイオット・タイムス))」を発売する。多数のイオナイザーをインターネット上で一括管理できるようになる。  イオナイザーは精密機械や電子部品の工場などで静電気屋異物の対策として使用され、これまで、工程ごとに手動や目視による運転管理や点検を行ってきた。同システム導入によって、パソコン上で多量のイオナイザーの運転状態やエラー発生などをリアルタイムで検知できるようになる上、運転や停止のリモート操作も可能になり、消費電力の抑制にもつながる。設定によって個別やグループごとの管理も可能。 同システムはソフトウェアとアダプターで構成する。4種類で価格は税抜き5万4千から10万5500円。年間600台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2016.09.22 中日新聞 除電装置を一元管理 来月発売 トリンクがシステム
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)が、工場内に取り付けた複数の静電気除去装置(イオナイザー)をインターネットにつないで一元管理するモニタリングシステム「IoTT-TIMS」(アイオット・タイムス)を十月十七日に発売する。それぞれの運転状態やエラー発生状況などをパソコンで確認できるほか、運転や停止の遠隔操作が可能になる。 イオナイザーは静電気を中和するイオンを発生する装置で、精密機械の工場や自動車の塗装ラインなどに取付けてほこりの付着による不良を防ぐ。 複数のイオナイザーを分散して配置する工場の場合、これまではそれそれの運転状態などを目視で確認していたが、システムを活用すればパソコンで一元管理できる。 各イオナイザーにネットワークアダプターをそれぞれ取り付け、専用のソフトウエアをパソコンい導入して使う。空間のイオンを取り除く「空間トリンク」や工場のラインに取付ける「バートリンク」など六機種のイオナイザーに対応する。アダプターは対応機種ごとに一台五万四千~十万五千五百円(税別)。年間六百台の販売を目指す。(西山輝一)
実際の記事はこちらへ


2016.08.10 金型新聞 TRINC「デモセンターを開設」 静電気対策を体感
TRINC(浜松市、高柳社長)は、「浜名湖デモセンター」と「浜名湖ゲストハウス」を浜名湖国際頭脳センター内(浜松市西区村櫛町4598-9)に開設し、好評を得ている。  「新しい静電気・異物対策を聞き、見て実感して下さい」のコンセプトのもと、ゲストハウスで新しい静電気・異物対策の概論と手段を解説し、デモセンターで各種同社製品の空間除電効果を体感できる。  デモセンターには空間トリンクをはじめ様々な現場で除電効果を上げる製品や、静電気・清浄度の測定器を揃え、目から鱗の体感ができる。  解説・デモは予約制。問い合わせ営業技術部(053・492・3412)、info@trinc.co.jpまで。
実際の記事はこちらへ


2016.07.29 中日新聞 「フロア全体の静電気を「環境トリンク」で除去」 8月22日発売
静電気除去装置メーカのトリンク(浜松市西区)は、工場や事務所、商業施設などのフロア全体の静電気を除去できる新製品「環境トリンク」=写真=を開発し、八月二十二日に発売する。 除電作用のあるイオンを放出する装置を天井に設置することで、周囲の空間で静電気を起こさなくする。ほこりや異物などのの付着も防ぐことができる。  二本一組になっていて、約二十五平方メートルのフロアを除電できる。カメラやレンズといった光学製品の工場や衣料品や自動車の販売店など陳列物へのほこりの付着を防ぎたい商業施設への展開を見込んでいる。 価格は一組六十七万一千円。三年後に千台の販売を目標にしている。
実際の記事はこちらへ


2016.07.25 日刊工業新聞 「生き残りに知恵を絞る」
TRINCは、製造現場の静電気や異物対策を体感できる施設「TRINC浜名湖デモセンター」を浜松市西区の浜名湖国際頭脳センター内に開設した。除電器など約20製品を常時展示し、10種類のデモを体験できる。創業時から正しい静電気対策を訴え、製品開発を続けた高柳社長の集大成。「品質問題に悩む工場のパイロットとなるデモセンターを目指したい」(高柳社長)と意気込む。  精密部品の組み立てを想定したホコリ対策では横に従来方式も設地。測定器で静電気やホコリの数値を示し、効果を比較できるようにした。高柳社長が異物対策の原理の説明や相談に応じるゲストハウスも同時にオープンした。「浜松を”静電気のふるさと”にしたい」という高柳社長の理想を具現化する拠点になりそうだ。
実際の記事はこちらへ


2016.07.22 日刊工業新聞 「複数設置で広範囲除電」 TRINC 静電気除去装置
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、広い空間を静電気のない環境に保つ静電気除去装置「環境トリンク=写真」を8月22日に発売する。製造現場のほかオフィスや商業施設などへ幅広く売り込む。価格は2本1組で67万円1000円(消費税抜き)。3年後に1000台の販売を見込む。 イオンで空間内の静電気を中を・除去する。静電気の人体への帯電や、静電気の人体への帯電や、静電気による製品へのホコリの付着を防ぐ。1組の除電範囲は約25平方メートル。複数取り付けることで広い空間を除電できる。 同社の装置は自動車関連や精密部品、電子部品などの製造現場で実績がある。「(新製品投入で)自動車販売や百貨店、ホテルなどの商業施設へ本格展開したい」(高柳社長)としている。
実際の記事はこちらへ


2016.07.20 日本経済新聞 「静電気除去の装置軽く」 精密機器など作業者向け  トリンク、電池も長持ち
静電気除去装置のTRINC(トリンク、浜松市)は身につけて使う小型除電装置「ウエアラブルトリンク」を全面改良して発売した。静電気は精密機器や電子機器に悪影響を及ぼすため、製造現場では作業者の静電気を除去する必要がある。重さを85グラムと軽くし、作業効率を高めた。  手首に取付けたストラップで体の静電気を集めて吸収し、腰に取り付けた装置本体からイオンとして空気中に放出する。従来機種にあった不要な動作を止めたため、電池を交換しなくても従来比2倍の最大約280時間作動する。本体は卓上型としても使える。 除電装置はストラップをアース線につなぐのが主流だが、作業者の動ける範囲が制限されるのが課題だ。価格は4万4800円(税抜き)。国内外で年間1200台の販売を目標とする。
実際の記事はこちらへ


2016.07.05 日本産機新聞 「TRINC除電を体感できるセンター開設」
TRINC(浜松市、高柳真社長)は、「浜名湖デモセンター」と「浜名湖ゲストハウス」を浜名湖国際頭脳センター内(浜松市西区村櫛町74598-9)に開設、6月1日からグランドオープンした。  「新しい静電気・異物対策を聞き、見て、実感して下さい」のコンセプトのもと、ゲストハウスで新しい静電気・異物対策の概論と手段を解説し、デモセンターで各種同社製品の空間除電効果を体感できる。 光学系を筆頭に射出成形・半導体関連などユーザーの現場では、品質向上の観点からも温度・湿度に加え、クリーン・静電気管理への注目度が急速に高まっており、静電気・クリーン分野の専業である同社が、実践に即した静電気と異物対策を科学的にひも解く。  デモセンターには空間トリンクをはじめ様々な現場で除電効果を上げる各種製品や、静電気・清浄度の測定器まで揃え、目から鱗のような体感ができる。 予備運用で来場したユーザーからは「これまでにない発想での異物対策にワクワクした」「今週中に購入手続きに入りたい」など高い評価を得ている。 解説・デモは予約制。問い合わせ・申し込みは営業技術部(053・482・3412)または、info@trinc.co.jpまで。
実際の記事はこちらへ


2016.06.30 日刊工業新聞 「電池2倍長寿命」 TRINCウエアラブル除電器
  TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、電子デバイスや精密機器の製造現場で作業者の静電気を除去する小型除電器「ウエアラブルトリンク=写真」を7月19日に発売する。価格は4万4800円(消費税抜き)。国内外で年間1200台の販売を見込む。  新製品は手首のバンドから人体の静電気を吸収し、腰のベルト部などに取り付けた小型除電器からイオンとして空間中に放出する。人体の帯電を検知して作動するモードにすれば最大280時間の利用が可能。連続作動モードのみの同社の従来製品と比べ、電池寿命を2倍に延ばした。 エレクトロニクス関連の製造現場では人体をアースでつなぐリストストラップ方式が主流。しかし作業者がアースで縛られているため動きが制限され、無線タイプのニースが高まっているという。(浜松)
実際の記事はこちらへ


2016.06.29 中日新聞 「静電気除去電池寿命2倍に」 トリンクが装着型装置
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)が、腰元に取り付けて体の静電気を取り除く装置「ウエアラブルトリンク」=写真=の新型を七月十九日に発売する。電池の寿命を従来よりも二倍に延ばした。  電子部品や精密機械を作る工場などで作業者が身に着けて、静電気による製品の不良を防ぐ。箱型の本体(高さ七.五センチ、幅六.四センチ、奥行五.五センチ)を腰元に装着し、リストストラップを手首に巻いて使用する。リストストラップから体の静電気を集め、本体でイオンに変えて空間に放出する仕組みだ。  新たに「帯電検知機能」を加え、身体が静電気を帯びるごとに効率よく作動するように改良し、電池寿命を延ばした。通常の「ロー・モード」では最長二百八十時間動く。 工場のほか、机の上に置けば個人用の小型除電器として使える。希望小売価格は四万四千八百円(税別)で、年間千二百台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2016.06.01 日本経済新聞 「静電気除去のデモ施設」トリンク、浜松に
静電気除去装置のTRINC(トリンク、浜松市)は6月1日、最新の静電気・異物除去技術について体感できる施設を開所する。作業場に外気を入れないようにする装置や、空間中のほこりの量を測定する機器などを展示、同社製品の導入を検討している企業の担当者に技術を実演して販売につなげる。  名称は「TRINC浜名湖デモセンター・ゲストハウス」。中小企業支援を担う浜名湖国際頭脳センター内に設置する。精密部品の製造を妨げる細かなほこりや静電気を除去する同社の独自技術を紹介する。静電気についての基礎知識や工場での改善事例などについての講義も行う。  電子部品メーカや機械メーカーの関係者を中心に、初年度は1200人の来場を目標とする。 高柳社長は「今までもセミナーなどを開催してきたが、百聞は一見にしかず。実際に来場して効果を体感してほしい」と話す。
実際の記事はこちらへ


2016.06.01 中部経済新聞 「静電気・ほこり対策提案」 TRINC浜名湖にデモセンター開設
静電気・ほこり対策機器を開発・製造するTRINC(トリンク、本社浜松市西区大久保町、高柳真社長、電話053・482・3411)は、1日、浜名湖国際頭脳センター(浜松市西区村櫛町)内に、自社製品の実演を通じて静電気とほこり対策を知ってもらうための施設「TRINC浜名湖デモセンター・ゲストハウス」をオープンする。生産現場で発生する静電気やほこりに悩む企業に、静電気やほこりの特徴について基礎から説明品gら、効率的で省エネ効果の高い対策法を提案する。(浜松・強田裕史)
デモセンターは約70平方メートルの部屋に、展示用の自社製品を説地。約300種類の製品の中から、代表的な製品約20品目を展示している。さらに「空間トリンク」や「クリーンディスクトップトリンク」など特にニーズの高い製品の実演も行い、使用による効果を体感してもらう。  イオンを放射する空間トリンクは、ドアノブの模型に触れることで静電気を除去する効果を確認することができる。一方、クリーンデスクトップトリンクは、送風で外気中のほこりが入り込むのを防ぎながらイオンの働きで静電気を除去し、高精密な机上作業の環境を清潔に維持する。実演では静電気の発生状況を測定し、数値で効果を証明する。  製品の機能を実証を交えて紹介することで、静電気・ほこり対策の提案につなげるのがねらい。 ゲストハウスでは、座学による講座を開催する。静電気やほこりの特徴から説明する。これまで工場で導入されていた静電気・ほこり対策の問題点まで指摘しながら、有効な対策法を提示する。  同社は15年にわたって180回以上のセミナーを開催、延べ7500人以上に向け、独自に静電気・ほこり対策の啓もう活動を実施してきた。実際に製品の使用を体験できるPR拠点を設け、発信力を高める考え。 原則手押して平日に開催する。来館は事前の予約が必要で、1団体10人前後を定員とする。年間1200人の来館をめざす。  高柳社長は「新しい静電気・ほこり対策を見て、聞いて、実感してほしい」と話している。 問合せ、予約受け付けは営業部(電話053・482・3412)まで。
実際の記事はこちらへ


2016.05.31 日刊工業新聞 「静電気対策など浜松に体感施設 TRINC」
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、製造現場の静電気や異物対策を体感できる施設「TRINC浜名湖デモデンター=写真」を6月1日に浜松西区の浜名湖国際頭脳センター内に開設する。除電器など20製品を展示し、10種類のデモを体験できる。「品質問題に悩む工場のパイロットとなるデモセンターを目指したい」(高柳社長)としている。 デモセンター中央のテーブルに置かれたドアノブを握ると、バチンと静電気が走る。しかし同社製品「空間トリンク」を作動すると再びノブを握っても全く静電気は起きない。 また机上での精密部品の組み立てを想定したホコリ対策では横に従来方法も設置。測定器で静電気やホコリの数値を示し、効果を比較できるようにした。 高柳社長が異物対策の原理の説明や相談に応じるゲストハウスも同時にオープンした。
実際の記事はこちらへ


2016.05.31 中日新聞 「静電気除去の仕組み紹介」 あす、デモセンター開設
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)が6月1日、製品を顧客らに紹介する「TRINC浜名湖デモセンター」を西区村櫛町の浜名湖国際頭脳センター内にオープンする。高柳真社長や社員らが製品を実際に動かして、静電気やホコリを除去する仕組みを紹介する。 電子部品や半導体製造、自動車の塗装などの現場では、不良品を生む原因になる静電気やホコリなどの異物対策が求められる。対策を検討する企業関係者らを対象に、トリンク製品の性能を実感してもらうおうとデモセンターを開設した。 空間にイオンを放って静電気を中和する装置「空間トリンク」をはじめ、フィルム製品のホコリを取り除く「フィルムクリーナートリンク」、持ち運んで静電気を除去できるハンディータイプの「ガントリンク」など十三点を展示する。 デモンストレーション用のドアノブも用意し、頭上に設けた空間トリンクを作動させて静電気を取り除くことで、人がドアノブに触れても「パチッ」と感電する事がないことを体感できる。高柳社長は「新しい静電気・異物対策を実感してほしい」と話す。 年間千二百人の来場を見込む。見学は事前申し込みが必要。問い合わせは、トリンク=電053(482)3412=へ。
実際の記事はこちらへ


2016.03.24 中日新聞 「パネル製造時のホコリを除去」 
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)は、液晶テレビなどのガラスパネルの製造工程でパネルの表面のホコリを取り除く新製品「パネルクリーナトリンク」を四月一日に発売する。 工場のラインに設置し、流れてくるパネルの表面に付いたホコリを除去する。風を吹き付けてホコリを左右方向に鳥羽氏、両脇から吸い込んで効率よく集じんできるように工夫した。装置内には静電気を中和するイオナイザーも内臓し、静電気によってほこりが付着するのを抑える。 幅九センチの小さめのパネルから三メートルの大型まで対応できるように、六種類のサイズのクリーナを開発した。希望小売価格は二百四十九万円~五百九十八万円(税別)。年間百二十台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2016.03.01 日刊工業新聞 「小型でコスト低減」 除電確認テスター投入
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3412)は、製造現場の不良対策として使われる除電器の効果を確認する装置「イオナイザーテスター=写真」を3月1日に発売する。価格は25万円(消費税抜き)と、液晶表示式の他社製品の4分の1に抑えた。年間120台の販売を見込む。 除電器の有効範囲内に同テスターを近づけると、プラスとマイナスのイオンバランスや静電気の除去にかかる時間を測定する。これにより除電性能を確認でき、数値表示では見えにくいパルス型除電器の波形もグラフ表示せ詳細に管理できる。 装置の小型化によりこすとも低減した。同社は除電器が主力でテスターの開発は初めて。除電器を導入している自動車関連や電機、電子部品メーカーに提案し、顧客サービスの向上につなげる。
実際の記事はこちらへ


2016.03.01 中日新聞 「静電気除去装置の性能調べる測定器」 浜松のトリンクが発売
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)が静電気を取り除く装置イオナイザーの性能を調べる「イオナイザーテスター」一日に発売する。 イオナイザーは静電気を中和するためのイオンを放出する装置で、自動車の塗装や精密機器などの工場で製品にホコリが付くのを防ぐ。テスターはそのイオンの出方を測定し、イオナイザーが正常に除電できる状態にあるかを調べる。 テスターの金属製のプレート部分をイオナイザーの近くにかざし、イオンの量を測る。別の測定法の「ディケイタイム測定」も可能で、プレート部分を帯電させた上で、イオナイザーが電気を取り除くのにどれくらいの時間がかかるかを調べる。テスターの画面に結果が表示され、電気の量と除電にかかった時間がグラフで表示される。 希望小売価格は税抜二十五万円で、年間百二十台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2016.02.24:日本経済新聞 「静電気除去装置の性能測定」 トリンクが高精度機器
静電気除去装置のTRINC(トリンク、浜松市)はイオンを使った静電気除去装置の性能測定器を3月1日に発売する。除去装置から生ずるプラス、マイナス双方のイオン濃度や、帯電した電気の電圧が10分の1に減るまでにかかる時間を正確に測定できる。 新製品の「TAS-272 CPM」はイオンを用いる静電気除去装置の近くで、イオンの発生量やバランスなどをグラフで表示する。突起した板に1000ボルトもしくはマイナス1000ボルトの電圧を帯電させ、それそれ10分の1に減少するまでにかかった時間も計測できる。 希望小売価格は1台25万円(税別)。性能測定器を開発するのは初めてだが、これまでに培ったノウハウを生かし、従来品より割安や電子部品メーカー向けに年間120台の販売を目指す。 
実際の記事はこちらへ


2016.02.24:静岡新聞 「イオナイザー用テスターを開発」
静電気除去機器メーカ「トリンク」(浜松市西区)は、製造業の現場で静電気などを除去する「イオナイザー」の劣化具合を調べるテスター「TAS-272 CPM」を新開発した。グラフィック機能を備えたほか、他社製品に比べ価格を4分の1程度の25万円(税抜き)に抑えたという。3月1日に発売予定。 イオナイザーはイオンを放出し、静電気を中和、除去する装置。製造現場で静電気による機材の不具合などを防ぐ効果があるが、保守点検を怠ると、劣化により除電機能が低下する。新開発のテスターは、放出するイオンのプラスとマイナスのバランス、除電の速度の強さ(ディケイタイム)などを測定する。 イオナイザーの劣化によって変化する数値をグラフ化し、モニターに表示することで、機器の動作状況や不具合を知らせる。 年間120台の販売を目指すという。
実際の記事はこちらへ


2016.01.29:日刊工業新聞 「新製品ダイジェスト」 異物・静電気問題はTRINCが応援致します!
TRINC(トリンク、浜松市西区、053・482・3411)の高柳真社長は15年以上、静電気と向き合ってきて「異物対策のデファクトスタンダード(実質的な標準)にしたい」と執筆したのが「TRINC METHOD(トリンク メソッド)」シリーズ(非売品で希望者に無料謹呈)だ。近年著書の中で説く「正しい異物対策」を実現する製品を多数開発し世に送り出している。
■2014年9月、クリーンルーム内などの空気の清浄度を常時測定する空間清浄度モニタ=写真」を発売。
本体重量340グラムと軽量で、持ち運びが容易。0.01立法フィートの空気中に浮遊する0.5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以上2.5マイクロメートル以上の2種類の異物の個数を同時に測定できる。 主な用途はクリーンルームに設けたクリーンベンチ(空気清浄度を保った作業台)内で測定を想定。
■15年1月、フィルム材料に付着したホコリなどの異物を90%以上除去できる装置「フィルムクリーナ=写真=」を発売。
フィルム材料に付着した10マイクロー30マイクロ(マイクロは100万分の1)の異物を91.9-99.95%除去できる。高圧ブロワ―ユニット、クリーナーヘッド、集じんユニットで構成し、現存ラインにも組み込みが可能。
■同年12月、精密部品など組み立てで不良の原因とんまるホコリの付着を防ぐ装置「ゼロゼロキットリンク」を発売。
自社開発の除電器と導電マットを組み合わせて、作業机上のホコリをほぼゼロにする。導電マットリンク「吸塵マットリンクk」は、細かい穴からホコリを吸引。さらに静電気を無風で中和する卓上型除電器「空間スマートリンク」を組み亜wセルことことで、クリーンな環境を提供する。
■16年1月、半導体、バイオ分野で保管や運搬中の静電気事故、異物付着を防ぐ保管庫「クリーン保管トリンク=写真=」を2月1日に発売すると発表。
自社開発の高精度除電器と外気の侵入を防ぐ独自構造により、クリーンルームの国際規格で「クラス10」以下と高水準の清浄度を達成した。 新製品は各棚に除電器を搭載。庫内の圧力を外気圧よりも高い陽圧に保ち、外気が侵入できない構造とした。 髙い清浄度が求められる半導体や細胞培養などのバイオ、医療分野向け。
実際の記事はこちらへ


2016.01.20:日刊工業新聞 静電気・異物付着を防ぐ保管庫 クラス10以下 達成 TRINC
【浜松】TRINC(トリンク、浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は半導体、バイオ分野でも保管や運搬中の静電気事故、異物付着を防ぐ保管庫「クリーン保管トリンク」を2月1日に発売する。自社開発の高精度除電器と外気の侵入を防ぐ独自構造により、クリーンルームの国際規格で「クラス10」と高水準の清浄度を達成した。価格は105万円(消費税抜き)。年間360台の販売を見込む。 新製品は各棚に除電器を搭載。庫内の圧力を外気圧よりも高い陽圧に保ち、外気が侵入できない構造とした。スイッチを入れると約1分で、清浄度が半導体ウェハーの製造装置内に相当するクラス10以下に到達する。 トリンクは製造現場での異物付着を防ぐ除電器が主力。「作業環境がクリーンでも保管や搬送時に異物が混入するケースがある」(高柳社長)とし、高い清浄度が求められる半導体や細胞培養などのバイオ、医療分野向けに同製品を開発した。
実際の記事はこちらへ


2016.01.04:日刊工業新聞 申年に挑む

 製品開発を強化 TRINC社長 高柳真氏

(1)不安要因は欧州のテロと難民のリスク、中国の景気と政治不安、米ドルの利上げによる新興国からのドル退避など。米国は利上げで経済が正常化し安定域に入る。日本は気になるリスクもなく景気は順調に推移する。
(2)書籍『トリンクメソッド VOL III』を発刊し静電気、異物対策のデファクトスタンダード化を推進。ニーズに応えて周辺分野に事業領域を拡大し、製品企画と開発を強化する。需要増には外部委託中心で対応、社内の採用も強化する。
(3)市場が歓迎してくれる確かな製品を持ち、目先の利を追わず市場に尽くすことが重要。世の中の変化を注視し、機動力を発揮して変化に対応する。インターネットを駆使した市場への訴求も不可欠だ。(浜松市西区)
実際の記事はこちらへ


2015.12.30:中部経済新聞 作業台の静電気、ほこり除去 TRINCが装置開発 組み立て作業現場向けに
静電気・ほこり対策機器を開発・製造するTRINC(本社浜松市西区大久保町、高柳真社長、電話053・482・3411)は、工場内で机上作業の妨げとなる異物を除去する装置「ゼロゼロキットリンク」を発売した。表面の微細な穴が吸塵(じん)する「吸塵マットリンク」と、無風でイオンを拡散させ静電気を中和する「空間スマートリンク」のセット商品。異なる性能を持つ既存製品を組み亜w背、静電気とほこりを取り除く効果を高めた。年間1200台の販売を目指す。
   同商品は作業台に設置し、対象物への異物の付着や静電気発生によるトラブルを防止する。電子機器や高精密部品の組み立て作業の現場で使用されることを想定し、開発した。 吸塵マットリンクは静電気を除去する導電マットの表面に、直径約1ミリの吸塵用の穴を開け、微細なほこりや異物を吸引する仕組み。 空間スマートリンクは、作業台に配置した2台のイオナイザーをリンクケーブルで接続し、1組の除電システムとして稼働させる。左右両側のイオナイザーから対象物に向け全面的にイオンを放射する。イオン間で生じる相互作用を利用し、無風で空中に放射したイオンが静電気を中和する。 同社の実証試験では、2製品を組み合わせることで、従来の作業ガンバでは30分間で30個以上も発生していた数十ミクロンのほこりを除去できたという。 メーカー希望小売価格は16万4千円(税抜き)。 高柳社長は「同商品を普及させ、ハイテク産業の生産工場に貢献したい」と話している。
実際の記事はこちらへ


2015.12.24:日刊工業新聞 ホコリの付着防ぐ TRINC 除電器と導電マット
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3412)は、精密部品などの組立不良の原因となるホコリの付着を防ぐ装置「ゼロゼロキットリンク=写真」を発売した。自社開発の除電器と導電マットを組み合わせて、作業机のホコリをほぼゼロにできる。価格は16万4000円(消費税抜き)。年間1200台の販売を見込む。 導電マット「吸塵マットリンク」は、細かな穴からホコリを吸引する。 さらに静電気を無風で中和する卓上型除電器「空間スマートリンク」を組み合わせるとで、クリーンな環境を提供する。 同社の現場テストでは従来の作業環境で30分間に33個付着したホコリが「新製品の使用でゼロになった」(高柳真社長)という。
実際の記事はこちらへ


2015.12.23:静岡新聞 静電気除去装置セットで発売 浜松のトリンク
静電気除去機器メーカーのトリンク(浜松市西区、高柳真社長)はこのほど、卓上での精密機器組み立て時などに発生する異物、静電気を取り除く装置「ゼロゼロキットリンク」を発売した。 自社製の導電マット「吸塵(きゅうじん)マットリンク」と、空気中のイオンで静電気を取り除く「空間スマートリンク」をセットにした。2点を同時に使用することで静電気のない空間を創出。マット上に堆積するほこりは、専用の集塵機(別売り)などを取り付けて吸い取る。価格は税抜き16万4千円。単品合計より7%安くして、年間販売1200台を目指す。
実際の記事はこちらへ


2015.12.16:中日新聞 静電気除去+吸塵=ホコリ付着防止 浜松のトリンクが新商品
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松西区)は、精密機器などの工場で製品にホコリが付くのを防ぐ「ゼロゼロキットリンク」を二十一日に発売する。 既に販売している静電気を取り除く装置「空間スマートリンク」と、ホコリを吸い取るマット「吸塵マットリンク」を組み合わせた。細かい穴のあいたマットで作業机のホコリを吸い取るととももに、空間スマートリンクから静電気を中和するイオンを放出し、空間を漂うホコリが製品に付着しないようにする。 高柳真社長は「空間スマートリンクは無風でイオンを送るため、製品に吹き付ける恐れはない」と話す。スマートフォンやデジタルカメラ、液晶のタッチパネルなど、ホコリの混入によって不良が生じやすい精密機器の組立工場などで役立つという。 希望小売価格は十六万四千円(税別)で、年間千二百台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2015.12.11:日本経済業新聞 作業机用ほこり防止装置  卓上設置で低コスト スマホなど製造時に照準
静電気除去装置のTRINC(トリンク、浜松市、高柳真社長)はスマートフォン(スマホ)など精密機器の組立作業時に使う、ほこり付着防止装置を開発した。コンパクトで作業机の上に設置でき、スマホなど作業物に付着するほこりをゼロに近づけられるという。空気の清浄度を保つ大がかりな装置が不要になるため、コストも下げられるとしている。   開発したのは「ゼロゼロキットリンク」。集じん機能を持つマットと、静電気を除去するイオン発生装置で構成する。 作業机に載せるマットには吸じん機と接続して表面い付着したほこりを吸い込む。同時に一般的な導電マットと同じように、作業者や作業物が帯びた静電気を除去する機能も持つ。 さらに2台のイオン発生装置を作業机の左右に設置する。プラス、マイナス両方のイオンをタイミングよく、最適なバランスで発生させ、ホコリや作業者、作業物が帯びている静電気を中和して除去する。圧縮空気などを使ってイオンを飛ばす通常の静電気除去装置と異なり、イオンが引き合う力を利用して、風を使わず効率的にイオンを行き渡らせる。 マットとイオン発生装置の相乗効果で、作業物に付着するホほこりをゼロに近づけることが可能という。作業者1日1セットを用いる。
スマホやデジタルカメラなどの精密機器の組み立て作業現場では、不良品の発生を防ぐため、ほこり対策が不可欠だ。現在は清浄な空気を吹き付けて作業者の手元からチリやホコリを取り除く機能を持った作業台(クリーンベンチ)を用いるが例が多い。 ゼロゼロキットリンクは仕組みを簡素化する事で、1セット当たりの希望小売価格は16万4000円(税別)に設定した。「クリーンベンチの半額以下に抑えた」(高柳社長)ことで、代替需要の獲得を目指す。近く発売し、年間1200セットの販売を目指す。 トリンクは高柳社長が1991年(平成3年)に設立した。イオンの引き合う力を利用した静電気除去装置が主力で、トヨタ自動車や日立製作所など大手メーカーへの納入実績も多い。2015年1月期の売上高は5億8千万円。
実際の記事はこちらへ


2015.12.10:中部経済新聞 TRINCの高柳社長が3部作執筆に力 静電気対策の「バイブル」に
静電気・ほこり対策機器を開発製造するTRINC(本社浜松西区大久保町、電話053・482・3411)の高柳真社長は、静電気対策の知識やノウハウをまとめた著書「TRINC METHOD」シリーズ3部作の完成を急いでいる。 第一弾「新しい概念」に続き、第三弾「従来の間違い常識集」をこのほど発行した。執筆中の第二弾「新しい手段」よりも先行する形となった。 同シリーズは、静電気・ほこり対策の先駆者である高柳社長が、これまで生み出してきたアイデアやノウハウをすべて詰め込んでいる。静電気の基礎知識についても記した「バイブル」ともいうべき内容に仕上げようとしている。 TRINC METHODは非売品で、入手するには申請書への記入を必要とする。高柳社長は「ライバルに知られたくない内容のため、良き理解者にのみ謹呈したい」と理由を説明する。 同社は、企業向けに静電気・ほこり対策のコンサルティングを手掛けている。同シリーズをコンサル事業を展開するうえでの基本書としても活用する考え。 高柳社長は「いまだに誤った知識に基づく静電気対策により不良品を発生させてしまう例が後を絶たない。こうした実情に対する疑問や憤りが執筆の原動力になっている」と話す。 「今後はTRINC METHODを携え、啓発を伴う営業に取り組んでいく。国内で当社の事業の認知度を高め、海外展開の足場を築く」と意気込んでいる。(浜松)

実際の記事はこちらへ


2015.11.11:日刊工業新聞 「誤った静電気対策」の紹介 現場で目撃した67項目 |TRINC高柳社長|
製品不良の原因となるホコリや静電気を除去する除電器専門ベンチャー企業として成功したTRINC(トリンク、浜松市西区)。同社の高柳真社長が著書「従来の間違い常識集=写真」を発刊した。高柳社長が執筆する「TRINC METHOD(トリンク メソッド)」シリーズ3部作の第2弾。現場に足を運び目撃した誤った静電気対策の事例67項目を紹介。 冒頭、”横綱旧の間違い”として登場するのは風を使ってイオンを飛ばすファン方式。「風でイオンとともにホコリを吹き付けてしまう」(高柳社長)という。自動車の塗装工程では「もともと車体に静電気はなくホコリの静電気を除去すべきだ」と指摘する。同シリーズは15年以上も静電気と向き合ってきた高柳社長が「異物対策のデファクトスタンダード(実質的な標準)にしたい」と執筆。非売品で希望者に無料で謹呈する。問い合わせはトリンク(053・482.3411)へ。(浜松)

実際の記事はこちらへ


2015.11.05:中日新聞 静電気除電の新常識 静電気対策 間違い集新刊   トリンク無償提供
静電気除去装置メーカのTRINC(トリンク、浜松市西区)が、工場での静電気対策などをまとめた「トリンク・メソッド」シリーズの新刊「従来の間違い常識集」を発刊した。製造現場でありがちな間違った対策の事例を紹介し、改善策を示した。  ホコリなどの異物は静電気の作用によって製品に吸着し、不良品を生む原因になる。液晶ディスプレイや電子部品、食品などの製造現場で課題の一つになっている。  新刊では、六十七項目の誤った対策を紹介する。主な事例として、ファンを使って風をお越し、静電気を中和するためのイオンを製品に送る方法は「イオンとともにホコリも吹き付けてしまう」と指摘。自動車の塗装現場では、車体を除電しても意味がなく、ホコリ自体の静電気を取り除く必要があると説明shちえいる。 シリーズは三部作で、六月に発刊した「新しい概念」に続く2作目になる。非売品で希望者に無償提供する。
申し込みは同社のホームページから。問い合わせは、トリンク=電053(482)3411=へ。

「人ひと言」 「万年青年企業」目指す
  「静電気・異物対策の新しいスタンダードを示したい」と語るのは、トリンク社長の高柳真さん(七十一)だ。
トリンク・メソッドシリーズの新刊「従来の間違い常識集」は、高柳さんが国内外の工場を視察した経験を基にまとめた。 風を起こしてイオンを製品に送る有風除電の方法を見ながら、「風が異物を付ける原因になっているのでは」と考えた。風を使わずに空間にイオンを送る「無風除電」の製品開発に至った。
常に「夢」を持ち、新しい技術を追求する「万年青年企業」を理想に掲げる。「私も気持ちは十七再」と笑う。 シリーズの書籍は、静電気yは異物の対策に悩む企業を対象に提供する。「不良が減った」「ありがとう」という顧客の声が何よりの楽しみという。

実際の記事はこちらへ


2015.08.26:日刊工業新聞 深層断面 株安・円高  中国経済の先行き懸念 政策継続望む TRINC・高柳真社長(浜松市西区、除電機器製造)
現在の株価下落は一時的で、年末に向けて上昇基調になるだろう。国内企業の設備投資意欲の回復と、米国経済がしっかりしているためだ。現政権には今の経済政策の継続を望む。

実際の記事はこちらへ


2015.08.28:日刊工業新聞 静電気除去、異物を吸引 TRINC 作業机用マット
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3412)は静電気を除去しながら異物を吸引する作業机用マット「吸塵マットリンク」を9月1日に発売する。精密機器などのクリーンな環境下での作業机に敷くことで、異物を90%除去できる。価格は2万9800円(消費税抜き)。年間販売目標は1200台。  静電気を逃がす導電マットにチリやホコリといった異物を吸引、除去する機能を持たせた。マット上面に異物を吸引する穴を86か所設置。吸引ホースを吸引装置に接続して異物を吸い取る。厚さは6ミリメートルと薄型。
実際の記事はこちらへ


2015.08.27:中部経済新聞 静電気とほこり同時除去 トリンク「吸塵マット」1日発売
【浜松】静電気・ホコリ対策機器メーカーのTRINC(トリンク、本社浜松市西区大久保町、高柳真社長、電話053・482・3412)は、精密部品などの作業台の静電気除去、ほこりの付着防止ができる新製品「吸塵マットリンク」(商品名)を開発、9月1日から発売する。年間1200台の販売をめざす。  新製品は、半導体製品の組み立てなどの卓上作業時の静電気を除去する従来のマット製品い、直径1ミリの吸塵(じん)穴を86個開け、細かいほこりや異物を真空吸引するのが特長。同技術に関する特許を出願している。  大きさは、導電マット部が縦35センチ、横50センチ、厚み6ミリ。アース線端子が2カ所、集塵機に接続するホースジョイントブロックなどで構成する。希望小売価格は1台2万9800円(税別)。マット部サイズのバリエーションや専用集塵機も今後開発して行く予定。

実際の記事はこちらへ


2015.08.27:静岡新聞 静電気、異物除去 吸塵マット発売へ トリンク
静電気・ほこり除去機器メーカー「トリンク」(浜松市西区、高柳真社長)は9月1日、精密機器の組み立て時に発生する静電気や異物を取り除く新製品「吸塵(じん)マットリンク」を発売する。  同製品は机上で半導体や電子部品を扱う際に使用する。静電気を除去する導電マットを改良し、表面に86個の穴をあけた。吸引用ホースを掃除機などに接続し、ほこりや異物を吸い取る。吸塵率は従来品の導電マットに比べて約90%高い。  大きさは幅50センチ、奥行き35センチ、厚さ6ミリ。 価格は2万9800円(消費税別)で、年間販売目標は1200台。

実際の記事はこちらへ


2015.07.27:日刊工業新聞 『TRINC METHOD VOL.I 新しい概念』 製造現場に正しい異物対策を(自費出版 053・482・3411)

-製造現場の静電気や異物対策に着目し、ベンチャー企業として成功しました。本書を執筆したきっかけは。
「従来、クリーンとは異物がないことを示した。しかし、異物が静電気により吸着することを考えると、静電気と異物両方面がないことがクリーンだ。当社は静電気も異物の一つと考え、15年以上前から新装置を開発してきた。その間、170回におよぶセミナーで7000人以上に正しい異物対策について訴えてきた。そうした中、新しい異物対策をまとめたガイドラインがほしいとの声が高まり、背中をおされた」

-従来の異物対策には問題があると指摘していますね。
「世界の工場は古い静電気対策の国際規格(ESD)に従ってきた。異物対策は、指針も教科書もなく、各社は無手勝流でやるしかすべがなかった。私は1998年の段階でこのことに気づき、新しい手法と装置の開発に取り組んだが受け入れてもらうのは容易ではなかった。しかし電子部品が小型化し、今まで問題にならなかったような極小の異物も無視できなくなると、風向きが変わった」

-半導体技術の進化が問題を顕著化させたということですか。
「ブラウン管時代はよかった。真空管は静電気に強く、真空管内のホコリ問題もない。液晶やタッチパネルになると大気中で作り、使うためホコリ問題が顕著化した。設計部門の言う通りにやってもできない。理想空間で考えるCADの世界と実際にモノづくりをする現場に大きなギャップが生まれ、世界中の工場が混乱した」

-2008年に「静電気・ホコリ『ゼロ』革命」を執筆、発刊しています。本書との違いは。
「ホコリゼロ革命では、静電気に対する新しい考え方の夜明けを訴え、読者や実践した人から『目から鱗(うろこ)が落ちた』との感想が届いた。他に、静電気について易しく解説した『トコトンやさしい静電気の本』や中高生向けの『科学でひもとく、たのしい静電気』を執筆。『TRINC METHOD』はこれらの集大成。3部作の第一弾となる『I・新しい概念』は製造現場の悩みに答えられるよう、具体的な内容とし、分野別対策も記した」

-今回、自費出版し、無料で謹呈する理由は。
「書籍で儲(もう)けるつもりはない。自社製品の宣伝でもない。この10年で当社は大きく販売戦略のハンドルを切った。どこでもだれでも買えることは目指さない。それほど量を売る必要もない。本当に必要でほしい人に使ってもらえればよい。本書は営業担当が当社の製品の販売店に持ち込み、関心がある人だけに謹呈する。ブランドづくりのツールとして活用していく」

-最後に本書に込めた思いを。
「創業当初、私は開発した除電器を背負って顧客を訪問し、正しい異物対策を説いてまわった。除電器は装置の性能だけでなく、ユーザーに適した使い方”適用技術”と組み合わさって初めて効果を発揮する。15年間におよぶ草の根営業で蓄積した”宝”を3部作にまとめる。『II・新しい手段』『III・間違い常識集』は、年内に発刊する予定。本書が異物対策で行き先を見失った社会のデファクトスタンダード(事実上の標準)となれば、これほど嬉(うれ)しい事はない。   (浜松編集委員・田中弥生)

実際の記事はこちらへ


2015.07.22:静岡新聞 静電気除電の新常識 トリンク社長がノウハウ本
静電気・ほこり除去機器メーカー「トリンク」(浜松市西区)の高柳真社長(71)がこのほど、これまでの開発経験を基にまとめた著書「トリンク メソッド―静電気・異物対策 新スタンダード」を自社発行した。非売品で、対策に苦慮している企業、工場などに配布を始めた。 同社は高柳社長が1991年に創業し、数々の静電気対策製品を発売してきた。だが、四半世紀近く経ても依然、「除電にはエアやファン(送風機)が必須」などと誤った認識が定着しているとし、ノウハウ本としての「トリンク メソッド」発行に踏み切った。  同署は静電気除去のためのエアが結果的に異物を増やす原因となっていると指摘。新しい常識として「除電にエアはファンは有害」「静電気も異物の一つ」などと強調し、静電気と異物対策を切り離して考えるべきではないと提唱している。  高柳社長は「静電気対策の間違った常識のために、ものづくりの現場が混乱している。何とか役に立ちたい」と話す。  同署はA5判、215ページ。トリンクのホームページから申し込む。問い合わせは同社<電053(482)3411>へ。 実際の記事はこちらへ


2015.07.11:中日新聞 工場での静電気対策紹介
静電気除去装置メーカのトリンク(浜松市西区)の高柳真(71)が、工場での有効な静電気対策についてまとめた書籍「TRINC METHOD(トリンク メソッド)」を発刊した。非売品で、関心のある企業関係者らの希望に応じ、無料で提供する。
三部作を予定し、今回の一巻は「新しい概念」と題した内容。高柳社長が1991年に会社を設立してから取り組んできた静電気対策を紹介した。 電子機器や液晶などの製造現場では、静電気やホコリなどの製造現場では、静電気やホコリなどの異物を取り除く必要がある。静電気を中和する「イオン」を風で送る従来型のファンブロー除電器について「風で工場内のホコリが舞ってしまい、かえって有害」と指摘。風を使わずにイオンを放つ同社の無風除電器を紹介した。
作業員の体に付いた異物を取るための工場のクリーンルームでも、エアシャワーでホコリを吹き飛ばすだけでは不十分で、除電器でホコリそのものの静電気を取って体に付着しにくくする対策を勧めた。 A5判で215ページ。表紙の隅に同社キャラクターのトリン君を描いた。残りの二冊も年内に出す予定で二巻のテーマは「新しい手段」、三巻は「従来の間違い常識集」。希望する企業に提供し、同社ホームページで申し込める。問い合わせは同社渉外部=電053(482)3412=へ。

実際の記事はこちらへ


2015.07.09:日刊工業新聞 製造現場の異物対策本 TRINC
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、製造現場で問題となっている異物対策についてまとめた書籍「TRINC METHOD(トリンク メソッド)VOL.I 新しい概念=写真を発刊した。除電器を専門とするベンチャー企業として成功した高柳社長が、15年以上にわたる開発と営業の経験をベースに執筆した3部作の第一弾。 静電気や異物と、製品不良の関係を分かりやすく解説。業種別の解決策も示し、「異物対策の”デファクトスタンダード”としたい(高柳社長)としている。希望者に無料で謹呈するが、申し込みが必要。
実際の記事はこちらへ


2015.06.09:中日新聞 小型の静電気除去装置 トリンクが低価格新商品
静電気除去装置メーカのTRINC(トリンク、浜松市西区)は、小型、低価格を特徴とする静電気除去装置「スポットトリンク」の新製品を開発した。十五日に発売する。  大きさは、同社で最も小さい幅二十八ミリ、高さ四十六ミリ、奥行き七十四ミリ。価格は二万九千八百円(税抜き)。同じ機能を持たせた装置は「他メーカーでは大きさは十センチ以上、価格は四万円前後はする」(同社広報)とみている。  この装置は半導体や微細な機械部品を運搬する際の静電気やほこりの除去など幅広い用途で使うことができる。これまでは価格面や、装置組み込む設備場所の問題で、導入が進まないというケースがあった。新製品はこうした課題に対応して小型、低価格を実現、市場拡大を目指す。販売目標台数は年間千二百第を見込む。
実際の記事はこちらへ


2015.06.03:日刊工業新聞 小型低・価格で強力除電 TRINCが生産現場向け機器
TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、同社で最も小型、低価格なスポット型除電・除塵器「スポットトリンク=写真」を15日に発売する。既存の装置や設備への組み込みや後付も可能。消費税抜きの価格は2万9800円。年間1200台の販売を見込む。  本体は幅28.2ミリx高さ45.5ミリx奥行き74ミリメートルと手のひらに乗るサイズ。 除電有効範囲は直径300ミリ、距離約1メートル。安定したイオンバランスで、強力な除電性能を発揮する。性能維持に不可欠な、面倒な放電針交換も不要。  生産現場の自動化が進む中、静電気や異物対策への関心は高い。しかし価格や取り付け場所の関係で除電・除塵器を導入できないユーザーも多く、新製品は導入しやすいサイズ、価格として広く普及をはかる。(浜松)
実際の記事はこちらへ


2015.03.21:中日新聞 介護ロボットの静電気除去 浜松のトリンク、来月発売
静電気除去装置メーカのトリンク(浜松市西区)は四月一日、移動式ロボットに取り付けて静電気おwk除去する「ロボットリンク」=写真=を発売する 電動車いすや、歩行を手助けする介護ロボットなどに対応。これらのロボットは移動するうちに静電気がたまり、感電して制御系が誤動作する恐れがある。ロボットリンクはロボット本体に取り付けて使用し、たまった静電気をイオンに変えて空気中に放出する。 乾電池で動く「ロボットリンクHB」(税別三万九千八百円)、ロボット本体から電源を取って動く「ロボットリンクHV」(同七万九千八百円)がある。年間で二千四百台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ 実際の記事はこちらへ


2015.03.19:日本経済新聞 動くロボの静電気除去 トリンクが装置 イオンに変え放出
静電気除去装置開発のTRINC(トリンク、浜松市)は、ロボットなど移動する機械の静電気を取り除く装置「ロボットリンク」を4月1日に発売する。機械に装着して使用し、移動時に床との摩擦などで機械内にたまった静電気をイオンに変え、自動で空気中に放出する。電子回路の誤動作による事故や軽い感電を予防できる。  家庭向けの介護ロボットや電動車椅子、掃除ロボットなど動き回る機械に付けて利用する。移動する機械は行動範囲が限られるため、静電気を地面に逃がすためのアース線が使いにくかった。  乾電池で動く「ROBOT-HB」(価格は税抜き3万9800円、写真)と機械本体につないで使う「ROBOT-VH」(同7万9800円)の2種類ある。大きさは「HB」で幅6.4センチ、高さ7.5センチ、奥行き5.5センチ。年間2400台の販売をめざす。
実際の記事はこちらへ 実際の記事はこちらへ


2015.03.18:日刊工業新聞 TRINC ロボ向けアース装置2機種投入
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、17日、ロボットなどに帯電した静電気を逃がすアース装置2機種を4月1日に発売すると発表した。アース仙を使わずに介護ロボットなどに帯電した静電気を空気中に逃がす。価格は「ロボットリンクVH=写真」が7万9800円、「同HB」が3万9800円(いずれも消費税込み)。2機種合わせた年間販売目標は2400台。
実際の記事はこちらへ


2015.02.16:日刊工業新聞 地方創生 奮闘する企業たち「中」 静電気を中和
TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は工場で使う静電気除去装置を製造する。プラスイオンとマイナスイオンを放射し、空間中の静電気を中和する独自の技術によって、高い除電性能を実現。自動車や液晶、電子部品などの工場で広く使われている。
1月にはフィルム材のホコリを除去する装置を発売した。「従来品に比べて性能が高く、ホコリを99%除去できる」(高柳社長)製品。国内だけでなく海外市場も狙う。
実際の記事はこちらへ


2015.01.08:日本経済新聞 チリ・ホコリ除去 工場向けに安価に トリンク、新製品
静電気除去機器開発のTRINC(トリンク、浜松市)は工場でシート状の薄い素材に付着しているチリやホコリを除去する機器「フィルムクリーナ(普及型)」=写真=を発売した。新たにシンプルな除去方式を考案し、従来製品に比べて価格を抑えた。燃料電池や液晶、食品などシート状の金属や樹脂の素材を使う企業に売り込む。  素材を巻き取って移動させながら、機器とは非接触のままイオンを照射して表面の静電気を取り除き、特殊な風を起こしてチリやホコリを吸い込む。8種類の製品を用意した。価格は税抜き191万~695万円。

実際の記事はこちらへ


2015.01.08:日刊工業新聞 異物90%以上除去 フィルム向けクリーナー TRINCが非接触型
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053.482.3411)は、フィルム材料に付着したホコリなどの異物を90%以上除去できる装置「フィルムクリーナ」を発売した。ラインに組み込めるタイプで、価格は幅50ミリメートル向けが191万円(消費税抜き)。フラットパネルディスプレイや電池メーカ向けに、年間120台の販売を見込む。  フィルム材料に付着した10マイクロ-30マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の異物を91.9-99.95%除去できる。高圧ブロワ―ユニット、クリーンヘッド、集塵ユニットで構成。異物を除去、回収するクリーナーヘッドからイオンを放出。フィルムと同ヘッド周辺の雰囲気の静電気を中和し、異物を風で吹き落すと同時に集じん機に吸い込む。非接触型のため異物の再付着も起こさない。表面と裏面を同時にクリーニングできる。  対応幅は50ミリ-3000ミリメートルまでの8機種を設定。3000ミリタイプのヘッドは長さ3370ミリx幅220ミリx高さ320ミリメートル。 小型のため既存の生産ラインに後付できる。

実際の記事はこちらへ


2015.01.07:中日新聞 ほこりなどを除去フィルムクリーナー トリンクが発売
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)は6日、フィルムシート材に付いたほこりなどの異物を取り除く「フィルムクリーナー(普及型)」を発売した。 液晶テレビの画面や印刷資材、食品の容器などに使われるフィルムシート材をきれいにできる。箱型のクリーナの1センチの隙間にシート材を通すと、風を吹き付けて異物を除去。十マイクロメートル(一マイクロメートル=千分の1ミリ)の細かさの異物でも九割ほど取りのける。さらにイオンでシートの静電気を中和し、異物が付きにくくする。
同社は以前にもフィルムクリーナを発売したが、今回は構造をシンプルにして価格を半分以下に抑えた。高柳真社長は「小型で軽量なので、工場の設備に後付できる」と話す。
処理できるシート材の幅(五センチ~三メートル)に応じて八つのサイズがあり、価格は百九十一万~六百九十五万円(税別)。年間で計百二十台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2014.12.04:静岡第一 テレビTV登場 「真っ直ぐ一直線」
静岡第一テレビ 【every しずおか】(18:15 - 19:00)に登場しました。
実際の記事はこちらへ


2014.11.26:日本経済新聞 静電気を高精度除去 トリンク 2台1組の卓上型
静電気除去装置のTRINC(トリンク、浜松市)は工場で作業空間の静電気を取り除く卓上型の新製品「空間スマートトリンク」=写真=を12月1日に発売する。2台の装置からタイミング良くイオンを照射する事で、従来より除電精度を高めた。電子部品の組み立て工程を手掛ける企業などに売り込む。
高さ21センチの縦型の装置2台を40~80センチ離して置き、左右からプラス、マイナスのイオンを照射。浮遊しているホコリを含めて内部の静電気を中和し、製品への異物付着を防ぐ。最大で幅1.6メートル、奥行き0.9メートルの範囲で静電気を取り除ける。
精密機器などを扱う製作現場で使えば、ホコリ付着を防ぐための送風機や作業者への帯電を防ぐ装置が不要になるという。価格は税抜き14万8000円。年間1200台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2014.11.26:日刊工業新聞 卓上設置型の除電装置投入 TRINC
TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482.3411)は、卓上に設置できる除電装置「空間スマートトリンク=写真=」を12月1日に発売する。空間に浮遊するホコリがワークに付着するのを防ぎ、電子部品や機器の組み立て作業現場での採用を見込む。価格は14万8000円(消費税抜き)。年間目標1200台
ケーブルで接続した2台の静電気除去装置でシステムを構成。静電気除去装置からイオンを放出して、ゴミやホコリが付着する原因の静電気を取り除く。装置単体の大きさは縦102ミリx横134ミリx高さ260ミリメートルで机上に設置しても、じゃまにならない小型タイプ。
2台を800ミリメートルの間隔で離して設置した場合の除電範囲は、縦900ミリx横1600ミリx高さ500ミリメートルと広範囲なため、作業者も同時に除電できる。
実際の記事はこちらへ


2014.11.22:中日新聞 机上の静電気除去 トリンクが新製品 来月1日発売
静電気除去装置メーカーのトリンク(浜松市西区)は十二月一日、机上に備え付ける無風タイプの新製品「空間スマートトリンク」を発売する。静電気に弱い電子機器や電子基板を扱う工場などで役立つ。
二台一組の本体を机の上で作動させると、周りの高さ0.5メートル、幅1.6メートル奥行0.9メートルの空間の静電気を取り除くことができる。従来より精度を高め、空間内の電気製品や作業員、浮遊するホコリの静電気を除去できる。風を出すファン型とちがって、ホコリの静電気を除去できる。風を出すファン型と違って、ホコリを巻き上る心配もない。
価格は十四万八千円(税別)で、年間千二百台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2014.9.12:日刊工業新聞 週末は別人 TRINC社長 高柳真氏 長年の封印を解きチェロを奏でる
  大学時代、チェロを弾いていたが、就職を機に封印した。当時、仕事は勝負事だから集中しなければいけないという思いが強かったからだ。40年以上にわたる封印を解いて再開したのが5年前、65歳の時。今でも酒席を共にするヤマハ発動機時代の後輩に「もったいない」と持ち上げられたのがきっかけだ。
  長年にわたる封印を解いたからにはと、奮発してドイツのハインリッヒ・ギル製チェロを購入した。学生時代に使っていたのは誰かのおさがりで、まともな音が出なかった。せっかく再開するなら、下手を道具のせいにしたくなかった。続いて昔の感覚を取り戻すために毎週末に、愛知県豊橋市にあるヤマハ音楽教室の個人レッスンに通い始めた。  平日でも一日一時間程度の練習は欠かさない。職人の修行と同じで、楽器は毎日さわることで上達するからだ。今では、上級の数本があと少しで終わるところまで進んできた。この後にはエクステンションというさらに上級があるが、続けて行くつもりだ。  レッスンの成果は年に1回、名古屋市東区の芸術文化創造センターでソロ演奏の発表会で披露する。ヤマハが企画する合奏会でも年に3回ほど舞台に立つ。チェロ演奏家で巨匠と称されるパブロ・カルザスが作曲した「鳥の歌」をもっとうまく弾けるようになるのが目標だ。  鳥の歌は哀愁が漂う楽曲。NHK交響楽団のチェリストだった故徳永兼一郎さんが闘病生活の最後に、親しい人だけに向けて演奏したという逸話が残っている。それほどの名曲を自分自身が納得いく演奏ができるようになれたらと思っている。 チェロを弾くようになって一番の変化はストレスがスムーズに発散できるようになったこと。若いころは多少ストレスがたまっても平気だったのだが、年を重ねるとそうも行かなくなっていた。しかし、音楽を聴いたり演奏したりすることが「薬」になって、頭の中のもやもやが一気に解消するようになった。  頭がすっきりすると新製品のアイデアがとんどん出てくる。自分でも驚くほどだ。TRINCを設立して23年、除電装置など自社開発製品で出願した特許は150以上あるが、チェロのおかげでまだまだ取れると自信ががわいてきている。(浜松市西区大久保町748の37)
実際の記事はこちらへ


2014.9.2:中日新聞 浜松のTRINC 低価格製品を発売
静電気除去装置メーカーのTRINC(トリンク、浜松市西区)は一日、工場のクリーンルームなどの空気清浄度を瞬時に測定する小型モニターを発売した。税抜き価格は十一万円。国内や東南アジアで年二百四十台の販売を目指す。  取り込んだ空気にレーザー光を照射してほこりを検知し、その個数を0.5マイクロメートル以上(千分の一ミリ)以上、二・五マイクロメートル以上と二種類のサイズに分けて表示。ほこりが発生した瞬間が分かるグラフも映し出し、発生減を特定しやすいようにした。  新製品は縦十八・九センチ、横十二・七センチで、重さ三四〇グラム。既存品は四十万~五十万円と高額な上、専門知識がないと扱いが難しいかったが、新製品は操作が簡単で、だれでも扱いやすいようにした。パソコンに接続するとモニター内のデータを取り込める。
実際の記事はこちらへ


2014.8.28:日本経済新聞 TRINC 異物の個数 瞬時に
静電気除去装置メーカーのTRINC(トリンク、浜松市)は、ほこりなど空気中の異物の個数を図る装置「空間清浄度モニタ TAS-170 SCM」を開発した。 光センサーで異物を検知し、個数を瞬時に画面に表示する。数秒ごとに連続測定できる。工場で手軽に空気の清浄度を測れる装置として売り込む。  装置は高さが19センチメートル、奥行きが9センチメートルで、背面にセンサーを設置。0.01立法フィート(約280立法センチメートル)の空気中に含まれる異物の個数をリアルタイムで測定する。  異物は、直径0.5マイクロ(1マイクロは100万分の1)メートル以上と、同2.5マイクロメートル以上の2種類のサイズで測れる。用途に応じて清浄度を把握できる。  価格は11万円(税別)。9月1日に発売し、国内外で年間240台の販売を見込む。同社は「清浄度を測る装置は高額で、管理に手間がかかる製品が多い。使いやすい装置として精密機器メーカーなどに売り込む」(高柳真社長)としている。
実際の記事はこちらへ


2014.8.25:日刊工業新聞 空気の清浄度常時測定・監視 TRINCがモニタ
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、クリーンルーム内などの空気の清浄度を常時測定、監視する「空間清浄度モニタ=写真」を完成、9月1日に発売する。本体重量340グラムと軽量で、持ち運びが容易。価格は11万8800円(消費税込み)。年間240台の販売を見込む。  0.01立法フィートの空気中に浮遊する0.5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以上と2.5マイクロメートル以上の2種類の異物の個数を同時に測定する。 測定値は表示部に個数表示し、本体にも記録できるため、。異物が飛散したタイミングなどを特定できる。   主な用途はクリーンルームに設けたクリーンベンチ(空気清浄度を保った作業台)内での測定を想定。また、微小粒子状物質(PM2.5)の分布状況の把握にも役立つ。
実際の記事はこちらへ


2014.8.22:静岡新聞 トリンク モニタを来月販売
トリンク(浜松市西区)は21日、リアルタイムに空気中のほこりの個数を測定し、表示する新製品「空間清浄度モニタ」を発売した。9月1日から販売を始める。  同機の背部から取り込んだ空気にレーザーを当てて、センサーがほこりを感知するレーザー光拡散方式を採用した。「0.5ミクロン以上」「2.5ミクロン以上」の料サイズの微粒子を測定対象とし、ほこり発生の瞬間を棒グラフ表示で知らせる「瞬間機能」も備えた。  簡易な操作性や、高さ19センチ、重さ340グラムという小型軽量サイズ、メンテナンスがほぼ不要な点なども特徴という。  同社は精密機器製造現場のクリーンベンチ(無じん室)などでの活用(清浄度測定)を想定する。価格は税抜き11万円。国内や東南アジアなどで年間240台の販売を見込む。
実際の記事はこちらへ


2014.8.16:日本経済新聞 静電気除去メンテ不要 TRINC 小型装置、用途幅広く
静電気除去装置メーカーのTRINC(トリンク、浜松市)は、部品交換のための定期的なメンテナンスが要らない小型の静電気除去装置「スポットトリンク」を発売した。工場で稼働する機械装置などの中に組み込んで使う。年600台の販売を目指す。
新製品では静電気除去の為の放電システムに改良を施した。静電気を中和するためにイオンを出す部分の放電針の素材を特殊な金属に変更した。従来のステンレスやチタン製の針で必要だった定期的な交換が要らなくなった。
大きさは幅39ミリ、高さ33ミリ、奥行き100ミリ。運搬中の半導体や微細な機械部品の静電気を取り除くなど、幅広い用途で使うことができる。  価格は税抜きで4万9800円。
実際の記事はこちらへ


2014.7.10:中日新聞 手入れ不要の静電除去装置 トリンクが新製品開発
静電気除去装置メーカーのTRINC(トリンク、浜松市西区)は、定期的なメンテナンスが要らない小型の静電気除去装置「スポットトリンク」=写真=を開発した。十四日に発売する。 同装置は従来、機械装置の中に組み込まれて使用されることが多く、外部から手がが届きにくいためメンテナンス作業が不便だった。新製品では静電気除去のための放電システムを全面改良し、放電針の交換が要らなくなった。
大きさは幅三十九ミリ、高さ三十二ミリ、奥行き百ミリ。半導体や微細な機械部品の運搬時の静電気除去などの幅広い用途で使うことができる。価格は四万九千八百円(税抜き)。年間六百台の販売を目標にする。
実際の記事はこちらへ


2014.5.3:日本経済新聞 静電気除去装置 棒状で厚さ半分
静電気除去装置のTRINC(トリンク、浜松市)は厚さ13ミリメートルと従来の半分まで薄くした棒状の装置「プレートバートリンク」を発売した。製造工程で製品にホコリや異物が付着するのを防ぐ。これまで設置できなかった機械内の僅かな隙間でも使用できる。印刷機やシートカッターなどを使う企業に売り込む。
 薄くするために従来品から自動清掃の機能をはずし内部を簡素化した。空気を電離して生成したイオンを送り製品の静電気を中和して取り除く。
 装置の幅は25ミリ。長さは15~151センチで6種類あり、価格は9万200円~17万500円(税別)。年360台の販売をめざす。
実際の記事はこちらへ


2014.4.23:日刊工業新聞 厚さ13mmの静電気除去装置
【浜松】TRINC(浜松市西区、高柳社長、053・482・4311)は、22日、超薄型の静電気除去装置「プレートバートリンク」=写真」を5月1日に発売すると発表した。厚さは従来品に比べて半分以下の13ミリメートルで、機械装置内のわずかな隙間に取付けられる。価格は9万200-17万500円(消費税抜き)。年販360台を目指す。
印刷機やシートカッターなどの静電気向けで拡販する。幅は25ミリメートル。長さは155ミリ-1510ミリメートルで6種類を用意した。
 除電方式はコロナ放電方式で、空気を電離して生成したプラス・マイナスイオンにより、静電気を中和して除去する。消費電力は3ワット。
実際の記事はこちらへ


2014.4.22:日刊工業新聞 トリンク、装置を販売 線状製品の異物除去
静電気除去で独自技術を持つTRINC(浜松市西区)は、線材の静電気と付着異物を除去できる「ワイヤークリーナトリンク」を発売した。イオンを含む旋回風で静電気を中和しつつホコリを除去。価格は約50万円。リニア新幹線向け超伝導線や光ファイバ向けに拡販する。
実際の記事はこちらへ


2014.2.13:日本経済新聞 線状製品の異物除去 トリンク、装置を販売
静電気除去装置のTRINC(トリンク、浜松)は、細長い線上の製品に付いた異物を効率良く取り除ける装置「ワイヤクリーナ トリンク」を発売した。独自の技術「サイクロネード方式」を使い、非接触のままイオンを照射して、ホコリなどの異物を吸い込む。超電導電線や光ファイバーの製造工程に組み込む装置として売り込む。
上下に設置したイオン照射器の隙間を製品が動く。イオンで内部の静電気を中和し、製品に付着した異物を吸い込む。竜巻のようならせん状の空気の流れを上下両方向に向かって生じさせることで、ワイヤなどの製品が装置に触れないようにできるという。
価格は49万5千円。初年度100台の販売を目指す。
実際の記事はこちらへ


2014.1.27:日刊工業新聞 線材の静電気除去 TRINCが製品投入
TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3412)は、線材の静電気と付着異物を除去できる
「ワイヤクリナー トリンク=写真」を2月1日に発売する。イオンを含む旋回風で静電気を中和しつつホコリを取り除く。価格は49万5000円。年販100台を目指す。
同社は同製品のプロットタイプを、超電導電線の不良低減用として電線メーカに供給した実績がある。リニア新幹線向け超電導電線や光ファイバーなどに向けて拡販する。除電有効範囲は厚さ10ミリメートル。消費電力は6ワット。低空気圧で動くため、エア消費量は毎分3リットルに抑えられる。
実際の記事はこちらへ


2013.12.13:中部経済新聞 TRINCの卓上型静電気・異物除去機 小型、低コスト強み 精密機器や薬剤メーカーへ提案
静電気・異物(ほこり)対策機器開発ベンチャーのTRINC(本社浜松市西区大久保町、高柳真社長、電話053・482・3411)は、卓上型の静電気・異物除去機器を相次ぎ市場投入、幅広い顧客ニーズの開拓に注力している。イオナイザー(除電器)とエアー(空気)による異物除去機能を持たせ、クリーンな空間を実現。精密機器を持たせ、クリーンな空間を実現。精密機器、薬剤メーカーなどに売り込む。

クリーンな空間創出
一般的には、人間が入ることができるほど大きなクリーンルームやクリーンベンチを使用する企業が多い。TRINCの機器は卓上におけるほどコンパクトで初期投資を抑制。ランニングコストも抑えたのが特徴だ。
今月1日に発売した「エアーブローデスクトップトリンク」は、向かって左側にイオナイザーとエアーの吹き出し口、右側に吸入口がある。両面にフィルターを装着し、ほこりなどの異物を除去。イオナイザーからイオンを放出することにより、作業中に発生する静電気を随時、中和することができる。
一方、16日に発売する「クリーンデスクトップトリンク」は、クリーン空間で作業することを前提に開発した機器。イオナイザーやエアーの流れは「エアーブローデスクトップトリンク」とほぼ同じ。2種の機器を顧客の使用使途に合わせて提案する。「エアーブローデスクトップトリンク」の販売価格は、フィルターの違いにより37万4850円~67万7250円。年240台の販売が目標。「クリーンデスクトップトリンク」は31万1850円~61万4250円。販売目標年360台という。
実際の記事はこちらへ 2013.12.05:中日新聞 机上でほこり除去 精密機器用の新装置開発
静電気除去装置メーカーのTRINC(トリンク、浜松市西区)は、精密機器などに付いたほこりを取り除く新製品「エアブロー デスクトップ トリンク」を発売した。 ほこりの除去は従来、箱型の装置に入れ、吹き出す空気で取り除く「除塵ボックス」などが使用されているが、箱内に空気が流入し、周囲のほこりも引き入れてしまう課題があった。
新製品では作業台の右隅に設置。ほこりを除去する「エアブロー」のほか、机の奥川に空気の吹き出し装置、右隅に吸入装置を取り付けて空気を流すことで周囲のほこりが流入しないようにした。吹き出し装置、吸入装置にはフィルターを取り付ける。
設置スペースは作業台の右隅四十センチ四方と小さく、静電気の除去機能もある。価格はフィルターの性能により三十七万四千八百五十~六十七万七千二百五十円。国内の精密機器メーカー向けなどに年間二百四十台の販売を目標としている。
実際の記事はこちらへ


2013.11.12:日刊工業新聞 省スペース 卓上タイプ除電器
TRINC(浜松市西区、高柳真社長、053・482・3411)は、省スペースで除塵性能が高いデスクトップ型の除塵器「エアブロー デスクトップ トリンク=イメージ」を12月1日に発売する。作業机に置いて使用できる。設計の工夫で、チリが入りにくくした。価格は37万4850円-67万7250円。年間に240台の販売を目指す。
同製品は静電気除去機能を搭載した。机上に清浄空気の吹き出しユニットと吸入ユニットを置き、エアブローでチリを飛ばして除塵する。外形寸法は高さ443ミリx奥行き649ミリx幅610ミリメートル。最大風量は毎分6.35立方メートル。0.5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のチリまで除去できる。
従来製品は箱型で外気を吸入しながら除塵する構造で、外気と一緒にチリも取り込む問題があった。
実際の記事はこちらへ


2011.01.28 第1回浜松ものづくりマイスターに認定いただきました。
2011.01.06 第1回浜松ものづくりマイスター認定式にて株式会社TRINC代表取締役 高柳眞が鈴木康友 浜松市長より認定証を受け取りました。
受賞時の写真はこちら
浜松ものづくりマイスター


2010.04.07 週刊現代「緊急大特集 日本経済は死ぬのか」にTRINCが取り上げられました。
2010.04.17号 講談社 発行の週刊現代「緊急大特集 日本経済は死ぬのか」内で「日本経済が再び立ち上がるとしたら、地方の中小企業からかもしれない」でTRINCが取り上げられました。
掲載号の表紙はこちら
掲載記事はこちら
週刊現代ホームページ
講談社ホームページ



2010.02.27 ワールド ビジネス サテライト「技あり!ニッポンの底力」に紹介されました。
2010年2月22日 月曜日放送 TV TOKYO テレビ東京系 ワールドビジネスサテライトにてTRINCの空間トリンクが取り上げられました。
動画はこちら
空間トリンク TAS-811 SFS ホームページ
TV TOKYO テレビ東京 ホームページ
ワールドビジネスサテライト ホームページ



2010.02.03 JVA2010にてJVA審査委員会特別賞モノづくり特別賞を受賞しました。
2010年02月02日Japan Venture Awards2010(ジャパンベンチャーアワード)にてTRINCが『JVA審査委員会特別賞モノづくり特別賞』を受賞しました。
受賞時の写真はこちら
Japan Venture Awards2010 ホームページ



2010.01.25 日経ビジネス「隠れた世界企業」にTRINCが紹介されました。
日経ビジネスの「隠れた世界企業」に、TRINCが紹介されました。
掲載号の表紙はこちら
掲載記事はこちら
日経ビジネス ホームページ



2009.09.17 日刊工業新聞「勝つ 中小企業のものがたり」にTRINCが連載されました。
日刊工業新聞に連載中の「勝つ 中小企業のものがたり」にTRINCが2009年9月8日~9月11日までの四日間連載として取り上げられました。
連載第1回:『トヨタとの取引が起爆剤』(9月8日)
連載第2回:『“孤高の技術者"経営を学ぶ』(9月9日)
連載第3回:『国内で高評価、海外も視野』(9月10日)
連載第4回:『“万年青年企業"世界に挑む』(9月11日)
掲載記事はこちら
日刊工業新聞社 ホームページ



2009.05.27 日本実業出版社 書籍「広報・PRの基本」に掲載されました。
著者 : 山見博康<

日本実業出版社 発行の書籍「この一冊ですべてがわかる 広報・PRの基本」(著者: 山見博康)のP194に株式会社 TRINCの広報戦略が成功事例として掲載されました。

【この本は広報・PRの初心者が陥りがちな「5つの勘違い」を正すために生まれたものです。】
掲載内容はこちら

日本実業出版社 ホームページ



2009.05.11 中部経済新聞社 書籍「企業のトップが語る 出会いその時」に掲載されました。
中部経済新聞社 発行の書籍「企業のトップが語る 出会いその時」のP199~P204に高柳が技術者として大きな影響を受けた、アメリカの技術コンサルタント R・L・ハーマン氏との出会いのエピソードなどが掲載されました。
【この本は中部経済新聞「出会いその時」欄に平成19年12月3日から平成20年11月24日までに掲載された45名の各氏を掲載された順に収録したものです。】
掲載内容はこちら
中部経済新聞社 ホームページ


2008.09.01 08年9月1日付 中部経済新聞「出会い その時」(24面)に弊社 高柳のインタビュー記事が掲載されました。
高柳が技術者として大きな影響を受けた、アメリカの技術コンサルタント R・L・ハーマン氏との出会いを中心に紹介していただきました。
掲載記事はこちら
中部経済新聞社 ホームページ



2008.07.16 フジテレビ系「ザ・ベストハウス123」(水曜夜9時)にて弊社製品が登場しました。
フジテレビ系列で毎週水曜夜9時から放映されています「ザ・ベストハウス123」。
「ものスゴい網ベスト3」の中で、弊社ダストラップネット/フェンスシリーズをご紹介いただきました。番組中ではTAS502-DTFとして「TAS-502 DTF」が登場。第2位に選定いただきました。
ダストラップネットの写真はこちら
「ザ・ベストハウス123」番組 ホームページ



2008.02.01 書籍「静電気・ホコリ[ゼロ]革命」が12月ベストセラーランキングにトップ10入りしました。
週刊東洋経済に掲載された「今月のベストセラー」(丸善丸の内本店)12月のランキング(12月1日~12月31日)で弊社 高柳真の「静電気・ホコリ[ゼロ]革命」がランキング第10位になりました。
掲載記事はこちら
こちらの書籍はネット上からもご注文頂けます。
ご注文ご希望の方はこちらからお願いいたします。



2008.02.01 「静電気・ホコリ[ゼロ]革命」が2008年1月13日の産経新聞に取り上げられました。
2008年1月13日の産経新聞に、書籍 『静電気・ホコリ[ゼロ]革命』が、取り上げられました。
掲載記事はこちら



2007.12.17 「静電気・ホコリ[ゼロ]革命」が2007年12月13日の中日新聞に掲載されました。
2007年12月13日の中日新聞に、書籍『静電気・ホコリ[ゼロ]革命』が、取り上げられました。
掲載記事はこちら



2007.11.28 高柳がウクライナ・リビフに訪れた際の、旅日記が新聞に掲載されました。
ウクライナがまだロシアだった頃に商用で訪れた際の思い出を綴った「旅日記」が紹介されました。
掲載記事はこちら



2007.07.05 2007年6月22日の日刊工業に掲載されました。
2007年6月22日の日刊工業に新機種の静電気除去装置の、
◆バートリンク(高温型)
◆空間トリンク
が、取り上げられました。
掲載記事はこちら



2007.04.19 2007年4月11日の日本経済新聞『キラ星企業』に掲載されました。
2007年4月11日の日本経済新聞に当社製品を導入していただいた企業様として、
◆トヨタ自動車・・・・堤工場(愛知県豊田市)
◆パイオニア・・・・・プラズマディスプレー工場
◆日立製作所・・・・新幹線車両工場
が、取り上げられました。
掲載記事はこちら



2007.02.26 2007年2月19日の中部経済新聞『事業創生』に掲載されました。
2007年2月19日の中部経済新聞に当社製品を導入していただいた企業様として、
◆トヨタ自動車・・・・塗装ライン(国内のみでなく海外工場も導入)
◆デンソー・・・・・・・自動車メーター工場
◆松下電器産業・・液晶工場
◆イビデン・・・・・・・プリント基板工場
が、取り上げられました。

・トヨタから優良商品として認定
・静岡県からは静岡県知事発明賞なども受賞
掲載記事はこちら



2007.01.30】2007年1月18日の日本経済新聞に掲載されました。
2007年1月18日の日本経済新聞に当社製品を導入していただいた企業様として、
◆パイオニア・・・・・プラズマディスプレー工場
◆日立製作所・・・・新幹線車両工場
◆トヨタ自動車・・・・レクサス工場
が、取り上げられました。
掲載記事はこちら



2007.01.30 2007年1月16日放送のSBS TV「静岡かがく特捜隊」で取り上げられました。
2007年1月16日放送のSBS TV「静岡かがく特捜隊」に当社製品を導入していただいた企業様として、
◆トヨタ自動車・・・・レクサス
が、取り上げられました。
動画はこちら




空間除電』 『無風除電』 『イオンエンジン』 『微風除電』は、当分野で先駆した株式会社TRINCの商標登録です。

ご案内
・リクルート
・デモセンターネットワーク
・新製品情報
・イベント情報
・メディア情報
・サプライズムービー
・導入実績集

 
リンク
・TRINCコンサルティング
・TRINC文庫
・TRINC METHOD
・静電気/異物読本
・静電気博物館
・静電気のおはなし

 
ご予約・お申込み
・静電気/異物対策特別訪問セミナー
・設備設計技術者のための異物静電気対策セミナー
・デモセンターのご来場予約
・よろず相談窓口
・価格問合せ
・販売店に関するお問合せ
・お問合せ総合窓口


サポート
・製品ユーザ登録
・アフターサービス

関連ブランド
・LOHEN

SNS
・Facebook
・Youtube