Japanese | English | Sitemap
HOME > 製品情報TOP > 情報機器・測定器 > 測定機器 > 除電効果チェッカー
除電効果チェッカー TAS-273 IET
静電気の基礎測定器 登場!
除電状態を見える化!
特徴 用途
  • ■プラスチックの表面の静電気が
      消える状況を見える化!
  • ■静電気がイオナイザーにより
      消える状況を可視化
  • ■オートパワーオフ
  • ■長時間動作
  • ■除電効果の測定



静電気の基礎測定器 登場!除電状態を見える化!(世界初)
最近は各種製造現場で静電気を除去する除電器(イオナイザ)が使用されるようになりました。
ユーザーは、当然静電気が消える状況を見たくなりますが、従来はそれすらできませんでした。
この分野における基本的な測定器の欠落でした。 不可能な理由は、以下の2つです。

(1)イオンが静電気を隠す
イオナイザが放射したイオンが帯電した物体の前面に浮遊するため、
測定したい物体表面の静電気をイオンが覆い隠してしまい、
肝心な静電気が見えない、すなわち読めない。

(2)測定器が間違ってイオンを読む
イオナイザが放射したイオンが測定器にも降りかかるため、
測定器が誤動作してしまい測定ができない。
イオンも電荷(静電気)を持っているため、イオンの静電気を読んでしまう。

TRINCはこの基礎測定器「除電効果チェッカー」の開発に成功しました。


メリット

メリット1

プラスチック表面の静電気が消える状況を見える化(世界初)
大従来はイオンに邪魔されて除電状況を見ることはできなかったが、
本機により絶縁体表面の静電気が消える状況をつぶさに見ることができます。

メリット2

帯電板を摩擦することにより発生した静電気がイオナイザにより消える状況を可視化
帯電板を摩擦することにより発生した静電気がイオナイザにより消える状況を可視化。
この場合は帯電板とそれを摩擦する材料の組み合わせにより、帯電極性が決まる。

メリット3

帯電板を帯電器(チャージャー)によりプラスまたはマイナスに帯電させて、
イオナイザにより消える状況を可視化




総合お問合せ窓口

関連製品

集中管理機器
TAS-1222
IoTT-TIMES


イオナイザー
監視システム
(IoTT-TIMS)
TAS-1265
MPSMT


多点静電モニター



工場内に分散配置されたイオナイザを中央で一括管理! 広い工場内の任意の場所の静電気を集中管理!    

測定機器
TAS-1270 SEM

静電位テスター
シリーズ
TAS-271 SEM

静電位テスター
TAS-272 CPM

イオナイザーテスター
TAS-273 IET

除電効果チェッカー
TAS-170 SCM

空間清浄度モニター

 
ワークの静電気を
簡単に測定可能
ワークの静電気を
簡単に測定可能
グラフィック表示可能なチャージプレートモニター  除電現象を
リアルタイムで数値化!
クリーンベンチ内の清浄度をリアルタイムに測定

空間除電』 『無風除電』 『イオンエンジン』 『微風除電』は、当分野で先駆した株式会社TRINCの商標登録です。

ご案内
・リクルート
・デモセンターネットワーク
・新製品情報
・イベント情報
・メディア情報
・サプライズムービー
・導入実績集

 
リンク
・TRINCコンサルティング
・TRINC文庫
・TRINC METHOD
・静電気/異物読本
・静電気博物館
・静電気のおはなし

 
ご予約・お申込み
・静電気/異物対策特別訪問セミナー
・設備設計技術者のための異物静電気対策セミナー
・デモセンターのご来場予約
・よろず相談窓口
・価格問合せ
・販売店に関するお問合せ
・お問合せ総合窓口


サポート
・製品ユーザ登録
・アフターサービス

関連ブランド
・LOHEN

SNS
・Facebook
・Youtube