Japanese | English | Sitemap
HOME > 製品情報TOP > その他の機器 > 医療関連機器 > 空間クリーナ
空間クリーナ /nano TAS-1443 SCN
環境改善装置「空間クリーナ /nono」
空気中を漂うnonoサイズ(ウィルスサイズ)の異物を捕獲
特徴 用途
  • ■極小微粒子も回収
  • ■強力殺菌
  • ■イオンを用いて高性能浮遊異物捕捉
  • ■安定した異物捕捉能力
  • ■フィルターレスでメンテナンスが容易
  • ■無騒音動作
  • ■オフィス
  • ■会議室
  • ■病院
TRINCの放電針は長寿命。メンテナンスもワンタッチ又は自動で行えますが、そのためメンテナンスを忘られている場合が見受けられます。
長期間ご使用されている場合、イオン放電針が減耗し性能が低下して期待した効果が得られなくなる場合があります。定期的なイオン放電針の交換をお勧めします。



 ロボット、自動運転、人工知能、さらには火星探査機に至るまで、文明の進化は留まることをしりません。このような先端技術が脚光を
浴びる中、突如として世の中を混乱に陥れたのが新型コロナウィルスです。先端技術がいかに革新的なものであっても、足元ではコロナ
ウィルスの感染拡大を防ぐことはできませんでした。

 感染症対策の専門家からは、マスクの着用と“3密”回避が最も効果があると説明がなされています。マスクを用いた飛沫の飛散防止、
密接・密集・密閉の3つの密を避けるという対策が非常に有効なのは疑う余地がありません。ただし、基本的にはこれらは全て人のモラル
に頼った対策です。
 感染が起きやすい人が集う
  ① 会議室やホール
  ② 学校の教室や講堂
  ③ 食堂(レストラン)や娯楽室
  ④ コンサートホールや劇場
  ⑤ 患者の集まる病院・医院の待合室
等ではどうしても “密”を避けられないことから、ウィルスに感染しにくい環境を構築する積極的な対策や装置が待望されています。

 積極的な対策の1つとして、空気中を漂うウィルスを回収することで人が集まる、即ち“密集”状況、閉じられた、即ち“密閉”空間という
“2密”状態であっても感染を防止しようという試みがあり、対策機器の発表が相次いでいます。これらの機器に共通する基本的な原理は
“フィルタによる濾過”です。
ウィルスを捕捉できるような細かいフィルタを使い空気を濾過することにより、微細なウィルスを捕捉します。では、ウィルスを捕捉する
ためにどの程度小さな粒子を捉えればよいかという疑問が浮かぶのですが、ウィルスのサイズは数~数十㎚(ナノメートル)であり、空気
中に漂う異物に付着していたとしても、その浮遊異物のサイズは1㎛(ミクロン)以下と非常に小さいです。これらの微粒子を捕捉するため
にはクリーンルームで使用されているより、さらに高性能なフィルタを用いなければなりません。ところが、一般の住空間で高性能フィル
タを使用すると空間に浮遊する大量の異物でフィルタは簡単に詰まってしまいます。
 したがって、いつもフィルタの掃除や交換ばかりしていなければなりません。しかも、そのたびに捕捉したウィルスが付着しているかもし
れないフィルタに触れることは大変恐ろしいことです。滅菌処理するから大丈夫と言われても気持ちがいいものではありませんから、できた
ら避けたいところです。

 この状況を克服するために、TRINCは、日常環境で使用可能であり、フィルタを用いないで空間に浮遊する微細な異物を捕捉することがで
きる装置「空間クリーナ / nano」 を世界に先駆けて開発しました。フィルタを用いないために異物のサイズによらず極微小なものまで
回収することができる上に、フィルタの目詰まりが無いことからメンテナンスフリーで常に安定した高度の捕捉性能を発揮します。
 これは空間を漂う微細な異物の数を減らすため、それがウィルス、あるいはウィルスが付着した異物であったとすれば、“3密”のうちの
“2密(密集・密閉)”から解放され、ウィルス感染のリスク低減が期待できます※1。そうすれば、真夏や真冬にエアコンをフル回転させな
がら、窓を開け放たねばならないという理不尽さから解放され、快適な文化生活を可能にします。

※1 本機は空気中に浮遊する微細異物を回収する装置であり、医療機器ではありません。


メリット

メリット1

極小微粒子も回収
 新製品“空間クリーナ○R / nano”は、㎚(ナノメートル)サイズの極小微粒子も捕捉します。
空気中に漂う異物のサイズは概ね1μm(ミクロン)前後です。ウィルスが付着していれば
同サイズの異物を捕捉すれば済みますが、ウィルス単体で空間に浮遊する場合はウィルスのサイズは
数~数十nm(ナノメートル)と、さらに桁違いに小さくなります。
 従い従来のフィルターで濾過する方式では難しくなりますが、本機はイオンを用いて捕捉するため、
従来方式に比べ圧倒的に微細なウィルスも捕捉します。

メリット2

強力滅菌
捕捉したウィルスは直ちに強力な深紫外線を用いて滅菌します。高度な遮光構造を採用しているため、
深紫外線が装置外部に漏れることはありません。 また銅イオンで表皮をコーティングされた天幕は、
付着した異物をその場で滅菌します。
従来のようにオゾンを使わないために、不快な刺激臭もなく人体や環境に害を与えません。

メリット3

安定した浮遊異物捕捉能力
異物を捕捉する原理としてイオンを用いたクーロン力を使用しているため、浮遊異物の回収能力が
従来のフィルタのように劣化することなく安定して高い性能を発揮します。

メリット4

フィルターレスでメンテナンスが容易
従来のようなフィルタを用いた方式では、フィルタの清掃や交換を頻繁におこなう必要があります。
特にウィルス捕捉には、極めて目の細かな特殊フィルタを用いるため、日常環境では目詰まりが激しく
常時メンテナンスをし続けなければなりません。
 本機は、フィルタを用いないため、フィルタメンテナンスは不要です。
捕捉した異物は内部の大容量受け皿に収容し、数年に一度の回収で済みます。 また天幕は約半年から
1年程度で交換すれば良いため、メンテナンスがとても容易です。

メリット5

無騒音動作
風を送るファンがないため、装置からの騒音がなく極めて静寂な動作をします。静かな会議室、オフィス、
または患者が就寝中の病院等でも騒音に悩まされることなく快適に使用することができます。

メリット6

無風動作
完全に無風で動作するため、従来の空気清浄機のように風で肌寒さを感じさせることはありません。
また、送風により床や机に溜まったホコリを舞い上げて、2次汚染を起こす心配もありません。

メリット7

極小電力
 平均消費電力はわずか10Wです。
1年365日、24時間稼働させても、消費電力はわずかで済みます。

メリット8

設置工事不要
簡単な組立作業で済むため、工期は不要ですぐに使うことができます。




総合お問合せ窓口

関連製品

医療関連機器








空間除電』 『無風除電』 『イオンエンジン』 『微風除電』は、当分野で先駆した株式会社TRINCの商標登録です。

ご案内
・リクルート
・デモセンターネットワーク
・新製品情報
・イベント情報
・メディア情報
・サプライズムービー
・導入実績集

 
リンク
・TRINCコンサルティング
・TRINC文庫
・TRINC METHOD
・静電気/異物読本
・静電気博物館
・静電気のおはなし

 
ご予約・お申込み
・静電気/異物対策特別訪問セミナー
・設備設計技術者のための異物静電気対策セミナー
・デモセンターのご来場予約
・よろず相談窓口
・価格問合せ
・販売店に関するお問合せ
・お問合せ総合窓口


サポート
・製品ユーザ登録
・アフターサービス

関連ブランド
・LOHEN

SNS
・Facebook
・Youtube