Japanese | English | Sitemap
HOME > TRINC文庫TOP > クリーンベンチ革命

クリーンベンチ革命

TAS-901 SDZ (非売品)

従来のクリーンベンチに重大な欠陥が?
新方式で異物不良の撲滅を・・・
概要
クリーンベンチはクリーン対策の第一歩とされていて、どこの工場でも異物問題が浮上すると、まずクリーンベンチを導入します。 導入して一安心しているのですが、その実態はとんでもない状態になっています。 クリーンベンチ内部に外部のホコリが入り込んで舞っているのです。 いわばクリーンベンチではなく、ダーティベンチ状態なのです。
  TRINCは静電気対策、フィルムクリーナの分野に続いて、新たにクリーンベンチの分野においても基本的な常識の間違いを発見しました。 分析を進めて分かったことは、明らかに構造上の問題です。 クリーンベンチと言えば万国共通ですから、これを信じて世界中で異物不良を作っていることになります。 大変恐ろしいことですが、世の中、そのことに気が付いていないのです。 気が付けばすぐに革命的な改善が出来るのですから、早く気付いてほしいとの思いから、今回書籍「クリーンベンチ革命」を発刊します。 この中で、クリーンベンチの現状を解説し、なぜ異物不良問題を解決できないのか、そして新しい解決手段を解説しています。 クリーン環境を必要としている方々の異物問題解決に朗報となることを祈念しています。  


目次

  • 1.特徴比較
  •  ― 現状方式 ― 
  •  1)クリーン度
  •  2)浄化時間
  •  3)性能測定条件
  •  4)構造・動作
  •  5)メンテナンスが大変
  •  6)ワークの受け渡し
  •  7)作業時の服装
  •  8)イオナイザ追加
  •  9)クリーンベンチへの出入り
  • 10)設置スペース
  • 11)イオナイザの種類
  • 12)構造設計理念-1
  • 13)構造設計理念-2
  • 14)構造設計理念-3
  • 15)構造設計理念-4
  • 16)クリーンベンチメーカーの水準
  • 17)実践効果実績集
  •  
  • 2.ユーザーは何故騙されるか?
  •  1)ユーザーは周囲をビニルで囲み
      フィルターで濾過すれば綺麗に
      決まっていると思っている
  •  2)与えられるものを疑わない
  •  3)原理から考える習性が無い
  •  
  • 3.社会問題化
  •  メーカーが気が付かない。
  •  ユーザーも気が付かない。
  •  こうして不良は出続け社会問題になっている。
  •  結局はユーザーが気付き、声を上げるしか解決方法はない。
  •  
  • 4.おわりに
  •  皆が気付き、世界中で不良がなくなれ
     ば嬉しい
  •  
  •  ― TRINC方式 ―  
  •  1)クリーン度
  •  2)浄化時間
  •  3)性能測定条件
  •  4)構造・動作
  •  5)メンテナンス性
  •  6)ワークの受け渡し
  •  7)作業時の服装
  •  8)イオナイザ追加
  •  9)クリーンベンチへの出入
  • 10)設置スペース
  • 11)イオナイザの種類
  • 12)構造設計理念―1
  • 13)構造設計理念―2
  • 14)構造設計理念―3
  • 15)構造設計理念―4
  • 16)クリーンベンチメーカーの水準
  • 17)実践効果実績集

総合お問合せ窓口

空間除電』 『無風除電』 『イオンエンジン』 『微風除電』は、当分野で先駆した株式会社TRINCの商標登録です。

ご案内
・リクルート
・デモセンターネットワーク
・新製品情報
・イベント情報
・メディア情報
・サプライズビデオ
・導入実績集

 
リンク
・TRINCコンサルティング
・TRINC文庫
・TRINC METHOD
・静電気/異物読本
・静電気博物館
・静電気のおはなし

 
ご予約・お申込み
・お問合せ総合窓口
・製品に関するお問合せ
・価格問合せ
・販売店に関するお問合せ
・RCD(オンラインデモ・セミナー)のお問合せ
・デモセンターのご来場予約
・静電気/異物対策特別訪問セミナー
・設備設計技術者のための異物静電気対策セミナー
・よろず相談窓口


サポート
・製品ユーザ登録
・アフターサービス

関連ブランド
・LOHEN

SNS
・Facebook
・Youtube